メニコンスーパーコンサート神戸公演に、田中恭一会長夫妻と、田中英成社長が来られました。

メニコンスーパーコンサート『あしたの瞳』は、神戸新聞松方ホールで、宮川彬良さんとアンサンブルベガの特別演奏会です。 社長ブログ神戸/メニコンスーパーコンサート/神戸新聞松方ホール/あしたの瞳

【メニコンスーパーコンサート2016 宮川彬良&アンサンブル・ベガ】が、神戸のハーバーランドにある、神戸新聞松方ホールで開催されました。

主催は、メニコンスーパーコンサート実行委員会で、特別協賛は株式会社メニコンです。

松方ホールに到着すると、既にメニコンの田中英成社長と、そのご両親である田中恭一会長と奥様が来られていました。

田中英成社長の周りには、メニコンスーパーコンサートに関わる人や、馴染みの方が、田中英成社長のもとに集まり、お祝いの言葉やご挨拶をされていました。

ロビーには、テレビ局各社、広告会社から、花輪が届いていました。

お祝いの花輪は、沢山の申込みがあったそうですが、一定数に絞ったそうです。

松葉博雄と奧さんも、田中英成社長と、田中恭一会長ご夫妻に、今日のメニコンスーパーコンサート開演のお祝いと、ご招待頂いたお礼を申し上げました。

メニコンスーパーコンサートの『あしたの瞳』は、2015年2月に名古屋で公演があったときに、ご招待を受けて、観劇をした事があります。

執行役国内マーケティング戦略室 室長の伊藤渉さんが、ご挨拶に来られました。

マーケティングは私の研究分野の一つなので、機会があればマーケティングについて意見交換をしたいと思います。

宮川彬良先生と、アンサンブル・ベガの特別講演による、『あしたの瞳』は、6時半から開演されました。

オペラが始まると記録は一切禁止されているので、会場の雰囲気を伝える事は出来ませんが、

松方ホールへ入場したばかりの時は、こんな様子でした。

宮川彬良先生の『あしたの瞳』の原型は、メニコン60周年の記念パーティーの時に観たのが最初です。

メニコンスーパーコンサートが地方で公演されるのは、神戸が初めてです。

さんプラザコンタクトレンズは、神戸で一番古いメニコンの取引先です。

今回からは、メルスプランの会員様へ、相当数の招待枠を頂きました。

宮川彬良先生とアンサンブルベガのメンバーは元々西宮地区の方が多く、

活動場所として、兵庫県がホームグラウンドだそうです。

写真撮影を禁止されるので、着席した時すぐに撮った写真です。

観劇に来られている方はシニア層の方が多く、熱心な宮川彬良先生のファンが中心のように思いました。

オペラ歌劇「あしたの瞳」のストーリーは、メニコンの創業者の田中恭一会長が、若い頃にコンタクトレンズに出会ったときが物語の中心です。

第一部は、宮川彬良先生と、このオペラを書いた作家であり、音楽評論家の響敏也さんとのトークショーでした。

その後、客席にいる田中恭一会長を、観客席の皆さんに宮川彬良さんから紹介がありました。

田中恭一会長は、立ち上がると500名の観客席の皆様から大きな拍手を浴びていました。

6時30分から始まったメニコンスーパーコンサートは、およそ2時間で終了ですが、

『あしたの瞳』が終わった後は、拍手が鳴り止まず、何分間も、10分以上も、観客席からの拍手が続きました。

2016年7月14日(木)