六甲オリエンタルホテルのジンギスカン料理をいただきました~下界とは-5~9℃違う涼しい自然の涼風にあたりました~

2006年7月27日(木)、今日は、カンカン照りの真夏日です。

神戸市灘区の頭上には、六甲山があります。六甲山にはホテルが「六甲山ホテル」や「六甲オリエンタルホテル」などがあります。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

それぞれのホテルには、直行バス、シャトルバスが走っています。これに乗れば、30分もしないで、涼しい山の上のホテルへ着くことが出来ます。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

松葉博雄は考えました。考えてみれば、「燈台基暗し」でした。これまで、近郊ドライブを追っていました。近郊ドライブと言っても、ガソリン代もいれば、時間、高速料金も掛ります。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

それが、シャトルバスを使えば、無料送迎でホテルの玄関まで、バスで行くことが出来るのです。しかも、バス停は歩いて、すぐ近くにあります。そこで、今日は、このバスに乗って六甲山へ行くことにしました。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

さて、暑がる奥さんを連れて、下界とは温度が違うんだと言い聞かせて、連れて行きました。言い聞かせるには、分かりやすく話す必要があります。

一般に、100m上昇すると外気温は、1℃下がります。六甲山頂は、約900mあります。そうすると、9℃涼しいことになります。これには、奥さんもなるほどと納得をして、バスに乗ることになりました。

もし、本当に9℃の差がなかったら、責任問題になりそうです・・・。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

六甲オリエンタルホテルに着くと、素晴らし眺めです。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

ここでは、オープンテラスで、すぐ真下の神戸の下界を見ながら、ジンギスカン料理をいただくことができます。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

お昼のランチを利用すれば、なんと、2000円でジンギスカン料理があります。但し、ビールは別料金です。神戸の街が見えるステージで、ジンギスカンを頂きます。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

隣の席には外国人グループがしゃべっています。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

何をしゃべっているのかさっぱりわかりません・・・。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

スタッフのサービスは料理の材料を運ぶまでです。その後は、セルフで肉を並べ、当然ひっくり返して、焦げないように、炭にならないように、気をつけながら、焼き具合を確かめて、いただくことになります。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

平日だと、随分空いていて、ゆったりとした気持ちで、まるで、競馬の大穴を当てたか、宝くじで前後賞を当てたような気持ちで、お昼をいただきました。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

満腹の後、今日は六甲オリエンタルホテルの周辺を散歩することにしました。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

この辺りを開発したのは英国人のアーサー・H・グルームさんという方です。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

下界よりは涼しいものの、やはり、暑いですので日陰を歩きます。紫陽花が沢山咲いており、紫陽花にバッタが付いています。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

紫陽花に、バッタが食らい付いて、柔らかい紫陽花の葉を噛み、食べつくそうとしています。台湾の故宮博物館に、翡翠に彫刻された「白菜とコオロギ」の作品を見たことがあります。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

国を白菜になぞらえて、コオロギが高級官僚で、国を食べ尽くそうとしている事を暗示しています。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

堅い翡翠によくぞ、芸の細かい彫刻をしたものだと感心しました。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

六甲の道を散歩すると、蝉が鳴き、キツツキの甲高い声が山に響き渡ります。

木陰を選んで歩けば、首筋には、涼しい風が通り抜けて、思わず「気持ちええな~~」と思ってしまいます。

紫陽花の花は、もう盛りを過ぎた様で、若々しい花を探してみました。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

この紫陽花は、どうでしょうか?

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

綺麗な若々しい花輪が、三時の少し傾き掛かった日差しを浴びています。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

六甲オリエンタルホテルでは送迎バスが1時間に1本くらいの間隔で、六甲オリ

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

エンタルホテルの玄関と、JR六甲道と阪急六甲駅をシャトル便で繋いでいます。

六甲オリエンタルホテルでは、ホテルを出発する度に、授業員の方が、玄関先でお客様を見送っています。

六甲オリエンタルホテルのジンギスカン

わずか30分で阪急六甲の下界に戻ってきました。又、元通りの暑い暑い日差しの照りつける、アスファルトの蒸し返すような熱気に包まれて、後3時間ほど、帰りを遅らせればよかったと、反省してしまいました・・・。