夏の朝食は、きゅうりと茄子のぬか漬けに、お味噌汁があれば、それでいいのです。

四国徳島の那賀川産の天然鮎は、一盛り298円です。  社長ブログ淡路/朝食/手作り 鯛飯/フローラルアイランド

奧さんが作った朝食や夕ご飯を松葉博雄のブログに紹介していると、

多くの方から、松葉くんはいつも奧さんが作った良い物を食べていていいなぁと、羨ましがられます。

ブログを読んだ方から、いつも手の込んだお料理が並んでいると思われると、

次に出す食事の記事も、厳選して普通の食事を出すわけにはいかなくなります。

しかし、毎日毎日手の込んだ沢山のご馳走を頂いているわけではないので、

日常的な食事も、ブログに書いてもいいんじゃないかと思います。

今朝の食事は、夏らしくぬか漬けの復活で、茄子とキュウリのぬか漬けです。

漬け物を始めた当時は塩分が強かったのですが、段々と塩分が馴染んできて、6月の末になると、もう、茄子の漬け物が辛いと思わなくなりました。

茄子の漬け物は、時間との勝負で、あまり長い時間ぬか床に漬けておくと、浸かりすぎます。

そしてぬか床から取り出して、水洗いして食べやすいようなサイズに切った後、お皿に盛りつけをして置いておくと、食べるまでも、茄子の色艶が、時間との戦いです。

少し食べ遅れると、茄子の瑠璃色が、退化して色褪せてしまいます。

ぬか漬けを食べる時には、お醤油はほんの僅かにして、花鰹を多めにかけます。

ふわっふわの、封を切ったばかりの花鰹は、かつおの匂いが、ぬか漬けのキュウリと茄子に、良く馴染んで、とても美味しく感じます。

熱々ご飯に味噌汁とキュウリと茄子の漬け物があれば、

もうこれで他には何も要らないと思うほど、美味しい朝ご飯です。

朝食の後は、淡路市東浦町のフローラルアイランドで野菜の買い物です。

その後はスーパーのマルナカで一週間の食材を補給します。

今日見つけたのは、徳島の那賀川産の天然小鮎です。

一盛り298円と、格安です。

炭火をおこして、遠火で小鮎を串刺しで焼けば、きっと美味しいのですが、

その用意が出来ていないので、電気グリルで焼くと、大した焼き方にはなりませんでした。

2016年6月30日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です