魚匠銀平は、株式会社湯川で、湯川智仁さんが社長です。

昔からご指導を頂いている先生と、銀平三宮店で、25年振りの会食です。 社長ブログ神戸/美味しいお店/三宮 魚匠銀平

三宮の魚匠銀平で、食事会です。

ご一緒する方は、この業界では、著名な方なのです。

銀平には、個室があるので、内緒話をする時には重宝です。

先に行って部屋の場所を確かめ、来られるまでしばらく、1Fの入り口にある、木桶の水槽に泳いでいるお魚を見ていました。

このお魚は、銀平の出身地である和歌山から送られてくるそうです。

銀平の本店は、和歌山市11番町22番地にあります。

ここからスタートして、今では神戸三宮・大阪北新地・心斎橋・道頓堀・東京丸の内・銀座へと広がり、中国の上海にまでお店が広がっているようです。

銀平の会社の名前は株式会社湯川で、社長は湯川智仁さんです。

今夜のお部屋は、急な予約の為、かなり小さな部屋になりましたが、個室がとれたので良かったです。

時間通り皆さんが集まって、まずはビールで乾杯です。

今夜のメインゲストと、こうしてご一緒に会食をするのも、もう25年振りくらいの懐かしい思い出が詰まっています。

今夜はとても愉快な、楽しい会食になりました。

昔の話、教育の話、共通の知っている人の話など、話題は途切れません。

ビールはどんどん進みます。

ビールが進むと、お腹が膨らんで、箸はすすみません。

銀平で出てくるお料理は、魚料理ばかりで、刺身の好きな人には、たまりません。

刺身の後、煮魚、天ぷらと続きます。

昔話に花が咲いて、これからも宜しくお願い致します。と、お互いが今夜お会いできて良かったとしみじみ思いました。

JR三ノ宮まで、北野坂を歩いて戻り、駅の改札口までご一緒して、お開きです。

後から、鯛飯があるのに、鯛飯の前に会食を終えてしまったのではないかと、すこし後悔です。

2016年6月21日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です