社長メッセージ:「革新と保守」(2006年6月号)

給与袋に添えて[6月号]

給与袋に添えて

6月になると、夏至がやって来て、一年で一番、日が長くなる季節が北半球では起きています。
又、6ヶ月もすれば、冬至がやって来ることも忘れそうです。歴史の中でも新しい事を始めようとする革新と、今の現状を守ろうとする保守が交代しながら、歴史を創っています。
9月に退陣予定の小泉首相の後には、保守的な考えに成るかも知れません。私達の職場にあっても、改革をしようとする考えと、今のままで変化を嫌がる考え方が存在するのは当然です。問題なのは、顧客がどちらを支持するのか?と言う事です。
顧客の立場で考えてみましょう。

2006年6月25日
社長 松葉博雄

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です