父の日に思う事。子供が幼いときに、喜ぶ事をしておけば、後年に蒔いた花が咲きます。

幼い子供が喜ぶ事は、お父さんと時間を共有することです。 社長ブログ神戸/家族ブログ/父の日/感謝の気持ち

父の日に感謝を込めて、花束が届きました。

プレゼントしてくれたのは、二人の子供からです。

子供達も父になって、自分の子供達から

「お父さんありがとう。」というメッセージやプレゼントを貰えば、父の日の意味や嬉しさが分かってくると思います。

宅配の方から聞いた話では、一年の中に色々記念日があります。

その中で宅配が忙しくなるのは、クリスマスのようなメジャーな記念日の時です。

反対にマイナーなのは、父の日だそうです。

父の日と、母の日を比べれば、圧倒的に母の日の方が宅配は忙しそうです。

昔、大日本帝国の時代の頃、軍隊では、戦場で戦死する時、天皇陛下万歳と言って、死ぬようにと教育していたそうですが、実際に戦士が戦場で亡くなるときには、「お母さん」と叫んで、亡くなる戦士が多かったそうです。

男の子にとって、幼い時にお父さんにしてほしかった事は、一緒に遊んでくれる事です。

代表的な例として、キャッチボール、キャンプ、魚釣りなどのような、アウトドアの遊びです。

女の子にとって、幼い時にお父さんにしてほしかった事は、美味しいお店に連れてってくれる、服を買ってくれる、遊園地に連れてってくれる、こんなお父さんがいいようです。

こうしてみると、成人した子供から、父の日にまだ感謝のお花が届くのは、男の子にも女の子にもしてほしいと思っている事を、幼い時にちゃんと実行してきたからでしょうか?

父の日の感謝の気持ちは、昔に蒔いた種が、何十年もして花を咲かせているものでしょうか?

そう思うと、これからのお父さんも、幼いこどもにしっかり種を蒔いておく事です。

2016年6月19日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です