さんプラザコンタクトレンズと松葉眼科の慰労会の楽しみは、余興とじゃんけん大会です。

夏の慰労会の終わりに、松葉眼科とさんプラザコンタクトレンズの代表者に、社員のみなさんから胡蝶蘭の贈呈がありました。 2016年夏の慰労会(2) 社長ブログ神戸/会社の出来事/社員・従業員/さんプラザコンタクトレンズ/松葉眼科

カラオケ大会の中盤で、恒例のじゃんけん大会です。

各テーブルで勝ち残った人達がステージに上がり、テーブルを代表してじゃんけんをします。

優勝者には社長からの賞金1万円、準優勝者には、皆さんから事前に集めた100円がもらえます。

賞金をテーブルで分けるのか、それとも自分の物にするのかは自由です。

U君は意気込み通り。テーブル予選を突破し、決勝じゃんけんにまで進みました。

賞金を獲得出来るのは、1位と2位ですが、U君は残念ながら決勝戦で3位でした。

じゃんけん大会が終わって場内のざわめきがおさまった頃、

ここで今回サプライズとして、メニコンさんから感謝を込めたケーキが届きました。

ケーキには、中央に、『みなさまの日々の取り組みに感謝!株式会社メニコン 関西エリア営業課』とメッセージが書かれていました。

これは、メニコンのマークと一緒に、食べられるチョコでできたメッセージです。

ここで誰がこのケーキをカットするか、松葉博雄の考えでは、今期のメルス獲得の、男女の最高獲得者によって、ケーキカットをしてもらったらどうかという提案でした。

しかしなぜかブーイングが出たので、結局社長夫妻がケーキカットをすることになりました。

40年以上前に結婚式の披露宴で行って以来の、二度目のケーキカットでした。

ケーキカットで盛り上がったあとは、再びカラオケの後半戦が始まります。

司会の岡本くんが、オリンピックを前に、B’zの『ultra soul』で会場を盛り上げてくれました。

大きな声で、元気な声で、賑やかな曲を歌うと、皆さんが手を挙げて、応援してくれます。

応援が出演者のエネルギーに変わり、出演者は応援に応えて、気持ちが高ぶってきています。

次は眼科の田野主任の出番です。

後ろにはコーラス隊の2人も参加です。

青江美奈の『伊勢佐木町ブルース』を、一部替え歌で披露してくれました。

これは受けました。大変な拍手です。

素晴らしい歌声と上手い替え歌に、会場は大いに盛り上がりました。

トリは、メガネ店の近藤君です。

曲は今若い人達の間で流行っている、Radio Fishの『パーフェクトヒューマン』

ダンス付のパフォーマンスで会場は大盛り上がりです。

近藤君の激しい動きと、力強い歌に、皆さん大喜びです。

やはり、エネルギーを感じる演出が、皆さんの気持ちの高ぶりを高めてくれます。

最後は、飛び入りで、松葉博雄も歌う事にしました。

今月で寿退社される社員に向けて、加山雄三の「君といつまでも」を気持ちを込めて歌いました。

慰労会の終了時間が近づく頃、社員の皆さんから社長夫妻に対して、感謝の胡蝶蘭の贈呈がありました。

今日の松葉博雄は、沖縄で調達した、かりゆしウェアを着ています。

かりゆしは、沖縄では正装です。

今年、安部内閣首相も、閣議をかりゆしウェアを着て開催したそうです。

宴が終わると、皆さんに参加賞とお土産に北海道の定番土産PASTRY SNAFFLE’S(ペイストリースナッフルス)のチーズオムレットをお渡しして、賑やかだった慰労会も終了し、会場を片付けるときは、元の静けさに戻りました。

松葉眼科とさんプラザコンタクトレンズに頂いた胡蝶蘭は、しばらくそれぞれの事務所に飾った後は、お客様に見ていただけるように、店舗と診療所に置いて、お部屋を華やかに飾る役目をお願いしました。

6月の慰労会が終わると、会社の行事は、しばらくありません。

季節は真夏に向かって進み、楽しみなのは、夏休みです。

短い夏休みでも、一斉休暇になると、思い思いの計画が立てられます。

2016年6月11日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です