アルミ温室をつくる(8) 沖縄のヘゴヤシを温室で育てます。

沖縄の野生のヘゴヤシは、保護されています。勝手にとってはダメです。ホームセンターで販売されているヘゴヤシなら、購入可能です。 温室づくり(8) 社長ブログ/温室作成/リゾートな温室/ヘゴヤシ/ブーゲンビリア/月桃

ヘゴヤシの配達と、育て方

アルミ温室の中に、特に目をかけているのは、ヘゴヤシです。

ヘゴヤシは、沖縄から運ぶために、枝を払って、小さくして運んでいます。

アルミ温室に入ると、これから夏に向かって、ヘゴヤシが成長しやすいように、鉢の入れ替えをします。

小さくて窮屈な鉢から、一回りも二回りも大きな鉢に入れ替えです。

ヘゴヤシにとってみると、三畳一間の小さな部屋から、八畳間や十二畳間のような部屋に移り替えです。

これなら、手足を伸ばして寝られるように、ヘゴヤシも根を張り、枝を伸ばす事ができます。

鉢の底にはフィリピン産の椰子のから

ここで、植木屋さんから注意を受けたことがあります。

鉢に入れ替えるとき、鉢の底に、土ばかり入れないで、根が張りやすいように、底辺には、フィリピン産の椰子の殻を敷いておく事です。

椰子の殻は軽くて、水も吸収しやすく、保水性が高い素材です。

植木鉢の容量の、約20%くらいのところまで、椰子の殻を底辺に敷いておきます。

その後、土と肥料を混ぜ合わせて、植え替えるヘゴヤシの周りにかけていきます。

肥料に牛糞を使う時の注意点

肥料は、牛糞を使います。

肥料が、あまり強すぎると、根に肥料があたり、逆浸透作用が起きるので、根の周りには、土と混ぜ合わせた、軽めの肥料を入れます。

ヘゴヤシは、沖縄で自生している姿を見ると、地面は水気を帯びた土地に自生しています。

上の写真は、ヘゴヤシが自生している写真です。

沖縄には山原地区に、ヘゴヤシの自生林があちらこちらにあります。

従って、ヘゴヤシは土が乾かないように、配慮が必要です。

赤ちゃんか、幼児のような小さなヘゴヤシの苗を、一本ずつ鉢に入れ替えて、ヘゴヤシが夏の成長期に大きく育つように、祈りを込めて植え替えが終わりました。

ブーゲンビリアを育てる

ブーゲンビリアは、沖縄でみると、成長が早く、枝はどんどん伸びてきます。

ブーゲンビリアを使って、アーチ型の門に這わせて、玄関を彩っている家もあります。

ブーゲンビリアは、アルミのアーチを組んで、そのアーチに絡むように、枝を這わせるように計画しています。

月桃は、クマザサのような葉っぱをしていますが、手に触れてみても、クマザサのようなぎざぎざはありません。

6月には、月桃の花が咲く時期で、月桃の周りには、ミツバチが集まります。

月桃の苗も沖縄から運びやすくするため、小さな苗を選んで、送っています。

幼い小さな月桃が、この夏うんと背が伸びて、来年の6月には花が咲くように選んだ植木鉢は、やや大きめの植木鉢にしました。

お昼の休憩を挟んで、朝から夕方まで、アルミ温室で沖縄の植物を、適当なサイズに鉢替えをしていると、段々と腰が痛くなります。

嫌な事で人に命令されて、こんな重労働をしていれば、きっと不満が爆発します。

しかし、趣味で自分で好んでやっていることは、なんの不満もわきません。

一応鉢替えが終わって、新しい鉢に入った沖縄産の植物たちは、今の所満足そうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です