アルミ温室をつくる(6)肥料 アルミ棚 椰子殻 植木鉢が入って来ました。

植木造りは、土作りからです。土には、肥料を混ぜます。植木鉢には椰子殻を底辺に敷きます。 温室づくり(6) 社長ブログ神戸/社長の趣味/植物/アルミ温室

アルミ温室は、順調に進んでいます。

一方の入り口に、コンクリートを敷いて、ここに散水が当たらない寛ぎの場所を作ります。

植木鉢を置くアルミの棚も2脚用意して、左右対称に置きました。

この棚には洋蘭を置く事になりそうです。

アルミ温室を上から見ると、屋根の天井部分には、遮光の布は張られていません。

それは自動開閉をして、熱さを外に出す為に、邪魔になるからです。

フィリピン産の椰子の殻を、植木鉢の底に敷くために、沢山用意しました。

土だけで鉢盛すると重くなり、根も張りにくくなるので、椰子殻を鉢の底辺に20%くらいの割合で置きます。

ブーゲンビリアの植木を頂きました。

これは請け負った植木屋さんからのプレゼントです。

アルミ温室が出来上がると、昨年秋預けた沖縄の植物をアルミ温室に引き取って、こちらに移します。

まだ散水設備が整っていません。

屋根があると雨が当たらなくなり、植木に散水する方法を考えないと、水不足で枯れてしまいます。

鶏糞とか、牛糞とか、沢山の肥料を買っています。

これを混ぜて植木鉢に使います。

地植えをする場合は、使う土と肥料を混ぜて使います。

土と肥料を混ぜてみると、これはかなり重労働になりそうです。

腰が痛いのにこんな土木作業のような土いじりをしていて、大丈夫なのか心配です。

どれだけ鉢が集まるのか置いてみないとわかりませんが、少しずつ亜熱帯植物の鉢がアルミ温室の中に集まってきました。

この際、鉢の入れ替えもします。

育った植木は、根を張ってきたので、一回り、二回り大きいサイズの植木鉢に植え替えをします。

その時に、フィリピン産の椰子の殻が活躍です。

もちろん、肥料も混ぜておきます。

 

会社の定休日に一人アルミ温室に入って植木鉢の世話を始めると、これからの作業量を考えれば、相当な作業量なので、気持ちは焦っています。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です