淡路市東浦の、K・ファーム直売所に寄ってみました。

玉ねぎを作ると、消費者の意見も聞きたくなり、Kファームの片原社長は、直売所をオープンしたそうです。 淡路 社長ブログ神戸/淡路/株式会社K・ファーム

淡路島は、玉ねぎの島です。

淡路島をドライブしていると、玉ねぎ畑や、玉ねぎを保管する玉ねぎ倉庫が見られます。

今日も淡路島をドライブしていると、新しい玉ねぎのお店を見つけました。

入り口には、人間大のかかしが、椅子に座ってお客様をお待ちしています。

店内に入ると、ご来店の皆様へと、感謝の言葉が掲げられています。

この会社は、株式会社K・ファームで、代表取締役は、片原啓之さんです。

玉ねぎが販売の中心ですが、これだけでは寂しいのか、たこキムチ、たこわさび、たこ塩辛も販売していました。

買いたい気持ちはあっても、塩分が多いと、減塩中なので見送りです。

店番は、愛想のとても良い男性の方でした。

K・ファームの社長の、おじさんにあたる方だそうです。

K・ファームの社長は、まだ30代の若い方で、今までは生産物の玉ねぎを、流通ルートに乗せて販売していたそうですが、それではお客様の顔が見えない事や、お客様がK・ファームの農産物について、どのように評価して頂いているのかが解らないので、思い切って個人に直接販売出来る販売店を作ったそうです。

お店は開いたばかりです。

まだ2ヶ月くらいしか経過していません。

固定客作りはこれからのようで、車を停めて、お店に入って頂いた方から、顧客作りの第一歩が始まっています。

K・ファームの直売所は、玉ねぎのサイズが、これまで見た玉ねぎのサイズより、大きいもの選んで、店頭に並べているように感じました。

敷地内には、店舗の隣に玉ねぎの倉庫と加工場があります。

玉ねぎを畑から収穫してこちらに持って来ると、販売用の玉ねぎにする為には、泥をとるとか、外側の皮を綺麗にする作業があります。

贈答用の箱に入れるには、均一なサイズや、一箱あたりの重さを揃えるように、計りが置いています。

玉ねぎも、沢山集まると、人の力では運搬できないので、重機を使って玉ねぎを扱っています。

フォークリフトに使う木製の台には、K・ファームの名前が印字されています。

とても感じの良い、愛想の良い接客をして頂き、玉ねぎを買いたくなりましたが、最近買った玉ねぎが、自宅に沢山残っているので、玉ねぎを買うのは次回となり、接客して頂いた方には申し訳ありませんでした。

2016年6月2日(木)



2 Responses to 淡路市東浦の、K・ファーム直売所に寄ってみました。

  1. 社長 松葉博雄様へ
    この度は、弊社にお立ち寄り下さいまして心から感謝申し上げます。
    その上、弊社の事をブログにして頂き、誠に恐縮致しております。
    いつかまたお目にかかれます日を楽しみに致しております。時節柄、どうか御自愛下さいませ。
    本当に有り難うございました。
    社長の片原啓之に代りまして御礼申し上げます。

    • 社長研究室

      保宗 誠様
      コメントを頂き、有難うございます。
      初めてお店に立ち寄りさせて頂きました。
      その節、留守を守る担当社の対応が、とても良く、お店を流行らせようという気持ちが伝わってきました。
      またの機会に、立ち寄らせて頂きます。
      お店の益々のご繁昌を祈念致しております。

      松葉博雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です