台風3号前夜の雰囲気 第77回沖縄訪問(3)

一ヶ月ぶりに再会。朝日会でアイゴをいただき、台風3号前夜の雰囲気<br/ >【第77回沖縄訪問:沖縄本島台風第3号直撃! その3】

前兼久にある万国百貨店で雑貨品を探し、革製の細いひもを見つけて、これを首からぶら下げる小型電子機器をつなぐひもに使います。

恩納村にある万国百貨店

恩納村にある万国百貨店

金城正則さんのお家を訪れると、クレアちゃんは風邪を引いていて体調がちょっと悪いようです。

紅亜ちゃんにアンパンマンのお土産

紅亜ちゃんにアンパンマンのお土産

朝日会に行ってみると、この時期に捕れるアイゴの稚魚がありました。アイゴの塩漬けをスクガラスといいます。このスクガラスは沖縄の豆腐にのせていただくと塩味が豆腐に染み入って、しょっぱさが和らぎビールにとてもよく合います。

アイゴ

今、皿の上に乗っているアイゴはスクガラスにしたものではありません。取れ立てのアイゴの稚魚です。

アイゴを食べるときには、頭から食べないと、もし、尻尾から食べると口の中で皮膚に刺さってしまいます。これで、口が腫れてしまうので、ご用心です。

酢みそ

酢を掛けると毒が中和されるそうです。

アイゴを酢みそでいただきます

沖縄の畳を「ビーグ」と言います。畳やゴザの原料となるい草のことを沖縄の言葉で「ビーグ」と言います。今回の畳替えでは、沖縄風の畳にしました。

沖縄恩納村朝日会

今回、ホテルの部屋の畳替えをしました。畳を替えると部屋に入った瞬間にい草の香りがして、部屋が新しくなった感触が伝わってきます。

沖縄恩納村朝日会

今日捕れたマグロを金城正則さんがさばいているところです。

マグロをさばく

マグロをさばく

朝日会の皆さんは、魚を珊瑚礁から捕獲してくると、一部は朝日会でみんなで一緒にいただいています。

マグロをさばく

どなたも、包丁で魚をさばく手さばきは慣れたもので、ここまでくるのにどれだけ指を傷つけたのかなぁと、隠れた努力に感心します。

マグロをさばく

マグロをさばく

一匹のマグロは数分で刺身に変わり、お皿に盛られ、皆さんの前に出てきます。

マグロをさばく

お醤油でいただくのが普通ですが、沖縄風では酢を加えることがあります。

マグロの刺身

少しずつ日が沈んで、周りが赤い夕陽に包まれて、一日の中で朝日と夕陽が地表を染める時間になります。

恩納村で見る日没

恩納村で見る日没

月が出ています。

恩納村で見る月夜

天気予報では明日7月7の七夕の日には台風3号が沖縄に上陸するようですが、今日はまだいい天気です。

第77回沖縄訪問

恩納漁港では、台風対策はまず船を陸に上げて、波が船を岸にぶつけて損傷しないように自衛を講じています。

2006年台風3号接近

2006年台風3号接近

今夜のテレビの天気予報では、台風到来のテーマが各局とも中心で、かなり勢力の強い台風3号が接近中の臨場感が伝わってきています。

 

2006年7月6日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です