経営責任者の責務は、理念を定め、戦略を策定し、実務に対処することです。

経営理念は社内だけでなく、取引先との関係においても重要です。経営理念が合わない企業とは、上手くいきません。 社長ブログ神戸/取引先支払日

支払日は、月末とは限りません。

2016年4月の場合、28日が定休日、29日は祝日、30日は土曜日なので、

4月の支払日は、遡って4月27日(水)になりました。

なんとなく支払日に来られる順番があって、早いのはアルコンの延岡義満さんです。

その次はシードの中野隆一さんと篠田舞さんに続きます。

4月の支払いは、前月の3月分の仕入れが、支払いになります。

3月と言えば、シードにとって決算期末日で、会社の営業にとっては、三月末までに出来るだけ沢山仕入れをしてもらって、営業の成果を高めたい時期でした。

メガネの支払いも、コンタクトと一緒に月末にお支払いをしています。

内田屋の藤田憲さんは、近くメガネフレームの見本市があるので、是非来て頂きたいとご案内を頂きました。

ボシュロムの嶋岡邦寿さんに、話題の某メーカーのその後の評判について、色々と眼科医会や同業他社からの情報を尋ねましたが、あまり大きな変化はありませんでした。

4月末になると日差しは段々と強くなり、窓側のハイビスカスも元気な花を開いて、そろそろ初夏が近づいていますよと教えてくれています。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの岡﨑裕之さんは、今日は一人です。

普段一緒の山口竜一さんは、本社での会議に出席しています。

5月になったら、新製品の紹介の件で、改めて面談したいという申し出がありました。

メニコンの菊川紀幸さんと川島智さんは、メニコンの営業本部長が森山久さん、副本部長が九鬼真之さんに代わったので、この二人をサポートする為に、あれやこれやと頑張っているお話を聞きました。

メルスプランは、メニコンの利益の7~8割を占めています。

その中枢の営業本部長ですから、森山久さんの肩には、メニコンの屋台骨が被さっています。

これは大変な事です。我が社でも、森山久さんと九鬼真之さんとは、長い付き合いなので、応援しますと約束しました。

パナメディカルの槇隆司さんは、毎月いろんな情報を印刷物にまとめて手渡してくれます。

かなり貴重な情報なので、頂いた印刷物を毎月読んでいます。

4月の支払いは終わりました。

社長の仕事の中で、取引先との交渉は、国と国の交渉のようにとても大切な責務です。

ちょっとした話から、いろいろなヒントを頂く事もあり、それがビジネスに繋がった事例はいろいろあります。

しっかり耳を澄ませて、しっかり精神を統一して耳を傾け、注意を傾け、ビジネスに活かしたいと思います。

2016年4月27日(水)