久宗立体牧場から蕨(わらび)が届きました。

わらび、たけのこ、えんどう、ふき、新緑を告げる野菜料理です。

岡山県の久宗立体牧場から、今年も立派な蕨(わらび)が届きました。

沖縄に出かけていたので、しばらく受け取ることが出来ず、発送されてからもう5日も経っていました。

生の新鮮な蕨も、何日も箱の中に留め置かれると、元気が無くなります。

新鮮さも消えていきます。

電話で蕨が届いた事のお礼を告げると、不在で受け取っていない事を知っていたようで、もう一度、改めて新鮮な蕨を送り直してくれるそうです。

すみません、すぐに受け取れなくて。とお詫びすると、気にしないでと言って下さいました。

毎年の、蕨のあく抜きは、こんな具合です。

熱湯をかけて、炭酸を使って、あく抜きをします。

あく抜きをした筍が、沢山冷蔵庫に残っています。これを使って、筍料理です。

やや硬くなった、サヤエンドウのエンドウを茹でて、一緒に頂きます。

フローラルアイランドで買った魚も頂きます。味付け担当は、松葉博雄です。

外で買い物をしなくても、あり合わせのもので出来たのが、今夜の夕食です。

一見すると、質素に見えても、季節の野菜を、十分に手間暇かけて作った、上等な料理です。

晩ご飯は、糖分を控える為に、ご飯を食べないようにして、ビールが主食です。

沢山の季節の野菜を、ゆっくりかみしめて、初夏の到来を味で確かめています。

一年の内で、この時期が一番好きです。

新しいワカメが出て、山は燃えるように新緑となり、蕗、筍、エンドウ、蕨、山椒の芽など、ビールと一緒に頂くにはぴったりのものばかりです。

2016年4月24日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です