淡路夢舞台ラン展2016

最優秀賞は、斉藤正博先生でした。 社長ブログ神戸/淡路ブログ/淡路夢舞台ラン展/淡路/奇跡の星の植物館

毎年、淡路夢舞台では、蘭の展覧会を開催しています。

蘭の展示会2011年、2014年

蘭の観賞が好きなので、これまで2011年と2014年の記事を書いています。

2011年は、こちら

2014年は、こちら

兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館

奇跡の星の植物館は、自然の素晴らしさ・美しさを五感で体感し、同時に21世紀の共生のライフスタイルを提案する感動空間創造実験型植物館として、2000年に建てられました。

「夢開くフラワーアイランドを目指して!!-花と緑の感動空間創造実験型植物館-」

これが奇跡の星の植物館のコンセプトのようです。
具体的には、壊された自然を人の手によってよみがえらせる。

人が木を植え、再び、緑の森をつくりあげる。

という構想から「淡路夢舞台」は生まれたそうです。

奇跡の星の植物館のテーマ

奇跡の星の植物館の特徴は、珍しい植物を単に展示しているのではなく、すべての展示に明確なテーマとメッセージがこもっているという点です。

展示室には二つのテーマがあり、

一つは、自然の美しさや巧妙さを五感で体感する『五感軸』、

二つ目は、花・緑と共生する生活空間、都市の緑化を提案する『共生軸』、

という大きなテーマで構成されているようです。

ガーデンルネサンスとは

ガーデンルネサンスとは、

21世紀の地球環境を、もっとも身近な空間であるガーデンを通じて考えていく参加型社会作り運動=「ガーデンルネサンス」という意味だそうです。

日本人は古来から、自然を生かした暮らしづくりを得意とし、慎ましやかな生活空間に花緑を添えています。
そこに細やかな心配り、住まいの美しさ、文化の豊かさを垣間見ることができる様な、そんな先人が創りあげた庭園文化や伝統的ライフスタイルをガーデンルネサンスは継承しています。

特別展淡路夢舞台ラン展2016 驚異のラン展-光とランで彩るワンダーランド-

年間を通して最大のイベントであり、そして最も華やかな「特別展淡路夢舞台ラン展 2016」は、
2016年1月23日(土)~3月6日(日)まで開催されます。

日本最大級の温室がすべてランで彩られます!

今年のテーマは「驚異のラン展―光とランで彩るワンダーランド」だそうです。

高さ20mの空間を活かし、巨大な苔玉、ランで飾られた空中を飛ぶオブジェなど豪華で大胆な展示と、鏡や光の演出など、奇跡の星の植物館=ワンダーランドでランの驚異の進化の姿を五感で体感し、楽しむイベントです。

ランは地球に最後に生まれた花です。それ故にユニークな生態を持っています。

そのランの生態を五感で形、色、香り―ランの魅力や面白さを、光とダイナミックなディスプレイデザインで、五感に訴える展示がされています。

蘭コンテスト 王者のラン展

期間中は貴重種や珍品種など様々なランが勢揃いする「淡路夢舞台ランコンテスト」、
1株で250 輪もの花をつけるカトレヤを栽培し、様々なランのコンテストで王者に輝いている「Dr.斉藤正博-王者のラン展」、世界に1つしかないカトレヤなどが登場する「K.T.S原種カトレヤ愛好会展」などが開催される様です。

珍しいラン、時間ごとに変化する香り、不思議な色、珍しい形など世界各地のランが一堂に集まる豪華なラン展なので、ランの魅力を充分楽しめます。

<王者のラン展「斎藤正博先生の奇跡のカトレア」>

開催期間 2016年1月23 日(土)~2月22日(日)

毎年全国のラン展の最優秀賞を総なめされている斉藤先生。
1株で260輪以上の花をつける奇跡のカトレアが再びやってきます。

斉藤先生はお医者様で、ランの育て方も診察を行うかのごとく十分な観察と理論に基づいてされているそうです。

同時開催イベント・教室等

他にも色々なイベントや教室がありました。

斎藤正博氏の「王者の蘭教室」、ランの育て方教室や、
蘭晩餐会(ウェスティンホテル淡路の「特別展淡路夢舞台ラン展2016」をイメージしたコース料理を食べながら、ライトアップされたランの庭を眺められる)、
ランオークション、ランバザール(蘭生産者や趣味家の方によるラン販売コーナー)等、様々です。

入館料は大人1500円、65歳以上750円、高校生750円で、中学生以下は無料でした。

〒656-2306淡路市夢舞台4番地 ℡ 0799-74-1200
兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」

<主催>兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」、株式会社夢舞台

<後援>

国土交通省近畿地方整備局国営明石海峡公園事務所、
本州四国連絡高速道路株式会社神戸管理センター、淡路市、洲本市、南あわじ市、
(公財)日本花の会、(公社)日本植物園協会、(公財)兵庫県園芸・公園協会、(一財)淡路島くにうみ協会

<協力>

日本・蘭協会、K.T.S.原種カトレヤ愛好会、高知県立牧野植物園、
鳥取県立とっとり花回廊、兵庫県立人と自然の博物館、兵庫県立淡路景観園芸学校

参考URL:http://www.kisekinohoshi.jp/

雲南省コーナーの雲南のラン

雲南省は、中国南西部に位置し、植物の宝庫として知られています。

調べてみると、雲南省とは、中国とミャンマーとの境の辺りです。

三国志の中で、諸葛亮孔明は、この雲南省を攻略し、治めています。

雲南省をルーツとする世界の花文化を変えて珍しい植物を展示していました。

雲南のランコーナーでは、花と緑の空間を演出したり、21世紀の都市緑化に活躍が期待されている植物がありました。

雲南省の省都は、昆明市です。

いくら蘭が好きな人でも、ここまで現地に行き、奥深く入り込み、自然に咲いている雲南の蘭を見る事は、並大抵のことではありませんが、ここ奇跡の星の植物館では、自然に近い雲南の蘭を見る事が出来ました。

 

2016年2月



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です