三菱東京UFJ銀行三宮支店の担当者が面会に来られました。

銀行の仕事は、お金の貸借だけでなく、会社のお手伝いをする事も、大切な仕事だそうです。社長ブログ神戸/取引先へのご挨拶/三菱東京UFJ銀行三宮支店担当者

三菱東京UFJ銀行三宮支店の担当者が、社長に是非お会いしたいと、何度もアポイントがありました。

丁度予定がなかった時間帯だったので、「今ならいいですよ」と電話で答えると、すぐに来られました。

実は、支店で会議があったそうなのですが、支店長が得意先の社長にお会いする方が大切だと言って、会議より面談を優先されたそうです。

どんなお話をしたいのか、どんな事を聞きたいのか、尋ねてみました。

一通り答えた後、次は私からの担当者のSさんへの質問です。

Sさんといえば、戦国物語に徳川家康の戦いがありますね、その徳川家康の戦いと何か繋がりはありますか?

「詳しい事は聞いていませんが、昔の祖先が、侍だったと聞いています。」

学校はどこですか?

「関東の○○大学卒です。」

そこなら、行った事があります。校門をくぐって、右手に行けば、礼拝堂があるところでしょ?その奥には、体育館があり、その横には、学生食堂がありますね。

「よくご存じですね、驚きました。」

お仕事で色々な方とお会いするでしょうが、どんな経営者に感銘を受けますか?

「入行してまだ年月が浅いので、それほど沢山の経営者の方にお会いしているとは言えませんが、これまでの経験では、素晴らしい経営者の方に、数名お会いした事があります。」

では、感銘を受けた事はどんなことですか?

「はい、それは真剣に仕事に取り組んでいる姿勢を感じたときです。経営者の中には、全身全霊をかけて、お仕事に取り組んでおられる方がいらっしゃいます。そんな方にお会いして、仕事に関して情熱的なお話をお聞きすると、感銘を受けます。」

 

 

どうしても松葉博雄に会いたかった理由は?

ここから、また仕事の話です。

どうして、松葉博雄に面会したいと思ったのですか?

「先輩の申し送りや、支店長の勧め、そして私自身が、得意先の全ての社長にお会いしたいと思ったからです。」

面談で、どんな事が得られるのですか?

「その会社の社長は、どんな方なのか、どんな考えを持って、経営にあたっておられるのか、会社は何を目指しているのか、社長の個人的な考え方は、どんな考えをもっておられるのかなど、話を聞いて勉強したいと思っています。」

経営者と会って得られる事

当面お金を借りる予定はないのですが、それでも支店長は松葉博雄に会ってこいと言われるのですか?そして会ってみて、今日の印象はどうでしたか?

「これまで、入行して8年になります。その間、いくつかの支店で、多くの経営者の方と会ってきました。印象に残るのは、仕事に対しての熱い情熱を持ち、仕事に対して深い知識や経験をもっている方は、印象に残ります。

これとは反対に、会って話してみて、仕事についての情熱が感じられない方や、仕事についての知識があまりない方は印象に残りません。今日は松葉社長のいろいろお話を聞いて、感心しました。

銀行は、お金を預かったり、お金を借すだけでなくて、事業について何らかの協力が出来たら、それも銀行の仕事なので、これから何かあったらご相談下さい。」

と言われていました。

趣味は、オーケストラで、担当はヴァイオリンだそうです。

2016年2月23日(火)