ムーンビーチ沖で鰹つり 第75回沖縄訪問(4)

ムーンビーチ沖で鰹つり、「目に青葉山ほととぎす初鰹」ビールがおいしいな
【第75回沖縄訪問:沖縄恩納村朝日会で焼肉、鰹つり、 歴史の道と「やんばるの空と森」 その4】

2006年5月、今日は日の出が那覇では5時44分、月の出は18時17分となっています。

沖縄

明日の大潮に向かって、潮はかなり引いています。

なんとか、お天気は、晴れです。ムーンビーチの空は曇りながらも晴れ間が覗いています。金城正則さんが誘ってくれたので、二人でムーンビーチの沖に船で、鰹つりに行きます。

沖縄

5月ともなれば、沖縄ではもう、真夏に近く、観光客が大勢沖縄を訪問するベストシーズンに入っていきます。若い人に限らず、ダイビングが流行っています。

沖縄

恩納漁港の近くにダイビングスクール「ピンクマリンクラブ」があります。広告効果が効いたのか、口コミで増えているのか、「ピンクマリンクラブ」にはダイビングツアーのお客さんがよく来ています。

沖縄

最近は若い女性の方も大変多く見受けられます。

沖縄

これからダイビングへ真栄田岬へ出港して行く船もありました。

沖縄

金城さんの船にに乗せてもらって、ムーンビーチホテルの前を通過し、更に珊瑚礁の向こうに向かって、船は沖に出て行きます。

沖縄

珊瑚礁は、陸に向かって堤防の様に横に連なっています。

沖縄

潮が引くと珊瑚礁は船の航行の傷害となります。

沖縄

そこで、船底と当たらないように、所々を珊瑚礁を削り、水深を深くして、船が珊瑚礁より外洋に出るように道をつけています。

沖縄

その道に向かって、船は進みます。道には標識がないので、陸の建物や地形を目印にしています。

沖縄

皆さん同じ道を通るので、途中、何艘かの船と出会います。沢山の釣り客を乗せている船もあります。

沖縄

魚が集まり易いように沖には浮きブイを設置しています。海底までのロープには、藻が付き、小魚が集まり、小魚を求めて中魚や、大型の魚が集まってくるようになっています。

沖縄

言ってみれば、ターミナルです。人間も何となくターミナルに出て、人との出会いを求めます。

沖縄

魚にも、他の魚との出会いをターミナルに求めているようですが、まさかそれが人間の仕掛けた罠だとは、知るよしもありません。金城さんの操縦する船が目的の場所に着くと、釣りを始めます。午前中のせいで、食欲旺盛なのか、糸を出してしばらくすると、何度も強い引きがあり、鰹とマグロが釣れました。

沖縄

このあたりの水深は300m以上あります。割に深いところに糸を垂らしているので、当たりがあるとゆっくり引き上げても、かなりの釣り糸の距離があります。鰹かマグロが釣れると、すぐに、針を外して、氷の中に入れておきます。鰹とマグロが釣れました。すぐに、閉めておきます。

沖縄

すぐ近くに、松田薫さんが一人で漁をしていました。

沖縄

松田さんはすでに鰹を10本以上釣っていました。

沖縄

2時頃まで、鰹つりをして、港に帰ります。釣った魚は、すぐに金城さんの所へ行き、お刺身にしてくれました。

沖縄

金城さんの包丁さばきで鰹のお刺身をビールと一緒にいただきます。

沖縄

クレアちゃんはすぐにおじいちゃんの膝の上に乗ってきます。とても、おじいちゃんが好きです。アンパンマンとおじいちゃんが好きです。

沖縄

金城さんの家の前には、国道58号線があり、その傍にはハイビスカスの花が生垣のように植えてあります。

沖縄

ハイビスカスに付く、カタツムリは、ハイビスカスのつぼみを食べてしまっています。。。

お昼に飲むビールが美味しいのです。普段他の人が働いているときに飲むビールが美味しいのです。自分で釣ってきた魚で、飲むビールが美味しいのです。

沖縄

普段と違った場所で、普段と違った雰囲気で、普段と会えない人と飲むビールが美味しいのです。今日の釣りの成果はとても満足のいく成果でした。船長のおかげです。金城正則船長のおかげです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です