明石:魚の棚の「宝来焼魚店」の明石鯛を誕生日のお祝いに頂きました~メデタイ、メデタイ~

2006年5月に松葉博雄は誕生日を迎え、従業員の方から明石の鯛をお祝いにいただきました。明石の魚の棚にある「宝来焼魚店」で焼いた明石鯛です。

誕生日のお祝いに明石の鯛

誕生日のお祝いに明石の鯛

家に持って帰り、りんちゃんともよく相談して、どのようにいただくかを考えました。以前、この明石 魚の棚の鯛のあらで、鯛茶漬けを作ったところ、次女がとても喜び、絶賛してくれたので、また作ろうかなと思っています。

誕生日のお祝いに明石の鯛

誕生日のお祝いに明石の鯛

日本料理のメニューには、ダジャレが沢山あります。メデタイときにはタイ、慶ぶときにはコンブ、まめに働くマメなど、日本人の料理の中にはダジャレ文化が溶け込んでいます。この明石 魚の棚の鯛は、メデタイだけでなく、お店の名前は宝来という、宝物が来るというほどの縁起の良い名前でした。

誕生日のお祝いに明石の鯛

明石の鯛を食べるときには、一番最初に箸を付けるのは、眼肉の部分です。目の下に付いている眼肉が一番おいしいといわれています。しょうがをすりおろし、しょうが醤油で鯛をビールと一緒にいただいて、今年のお誕生日を自分で祝っています。

ご馳走様でした。