グルメブログ:お父さんのにわか料理-すじ肉煮込みの巻-

今日は丹波篠山の篠山ビーフのお店の「西村牧場」で買ってきたすじ肉を、奥さんに頼まれて、松葉博雄が料理することになりました。

すじ肉煮込み

ホームページを見ている読者の方は、松葉博雄が毎日料理を担当していて、これではと、うちのお父ちゃんにも、松葉さんを見習いなさいといわないで下さい。そんなに毎日しているわけではありません。

すじ肉煮込み

すじ肉を美味しくいただくためには、脂のあくと、すじの固さとの格闘になります。したがって、下処理にとても時間がかかります。20~30分でちょこちょこっと終わるわけにはいきません。
まず、あく抜きをします。熱湯をすじ肉にかけて、あくをお湯で流します。すじ肉は、味が染み込みやすく、柔らかくするために、サイズを小さめに切って、下処理をしておきます。

すじ肉煮込み

味付け用のだし汁は、昆布とかつおを使って味を付けていきます。醤油、砂糖、みりん、お酒、塩などを、味をききながら、足して、味を調えていきます。

料理教室では、スプーン何杯とか、何グラムとかが、レシピになっていますが、松葉博雄の料理にはこのレシピがありません。あくまでも、味をききながら、自分の味覚で、調味料を調合していきます。ここが、奥さんが困っていることです。

すじ肉煮込み

どれだけ、何を足すというような数字化したものがあれば、その通りにして、味を再現できるのですが、味をききなが、ききながらとなると、また、「やってください」と同じことの繰り返しになってしまいます。

やはり、科学的な料理に進化しなければいけないと思っています。このように考えながら、味を調えていくと、今度はこんにゃくを切っていきます。こんにゃくはサイコロ状にします。すじをだしと一緒に煮込んで、こんにゃくを加え、一緒にすじを煮込んでいきます。

すじ肉煮込み

出来れば、一晩おくと味が染み込んで美味しいのですが、今夜の晩御飯なのでとりあえずは、ここで、鍋から取り出し、お皿に盛り付けをします。残りは、一晩置いて、すじこん丼に使います。