丹波篠山 兵庫県立「ささやまの森公園」に行ってきました。

ささやまの森公園に行ってきました。その1~森の公園ボランティア募集~

ささやまの森公園は皆さんご存じですか?

ささやまの森公園

兵庫県立「ささやまの森公園」です。

ささやまの森公園

松葉博雄と奥さんは、2006年5月のゴールデンウィークといわれる連休の日に定休日の木曜日が重なったので、近隣ツアーに行くことにしました。

ささやまの森公園ささやまの森公園

何処に行こうかなと、パソコンに向って、「何処に今日はいこうかな?」と相談したら、パソコンの言うことには、「ここがいいんじゃない?」と教えてくれたところが、兵庫県立「ささやまの森公園」でした。

ささやまの森公園

「ささやまの森公園」は県立の施設で、ここではキャンプあるいは、野外での楽しみが子供と一緒に出来ます。

ささやまの森公園

とても、新緑の美しい場所で驚きました。

ささやまの森公園

森の公園から、集められた材料を使って、工作をするような施設があります。

ささやまの森公園

小学生ぐらいの子供を連れて来るには良いところです。お父さんが少し格好の良いところを見せられる場所です。これが、高校生くらいの学年を連れてくれば、お父さんよりも、ひょっとすると上手な作品を作ってしまい、お父さんがかっこ悪く見える心配があります。

ささやまの森公園

松葉博雄の場合でも、工作をお父さんらしく子供の前で見本を作れたのは、せいぜい子供たちが10歳以下まででした。それ以上成長すると子供たちの方が上手になってしまいます。

ささやまの森公園

用意している材料は木の輪切りとか、どんぐり、松ぼっくりなどです。これを使ってペインティングをして作品を作っています。

ささやまの森公園

工作室のすぐ傍には、井戸があったので、井戸を汲んでみました。手押しのポンプを上下に上げ下げすると、ポンプの力で地下水が汲み上げられた水が水車を回すようにセットされていました。

ささやまの森公園

幼い子供を連れていれば、「パパ、今度は代わって、私にもやらせて!」とはしゃぐのですが、一緒に来た奥さんは、全然興奮しませんでした。そこで、せめて松葉博雄の写真でも撮ってよとお願いして写してもらいました。

ささやまの森公園

壷の中に、生け花の代わりにさしてある枝は、よく見れば花ではなくて綿の木でした。昔はこれで綿とか糸巻いて木綿を織っていました。

ささやまの森公園

この「ささやまの森公園」は兵庫県、大阪府、京都府の三つの府県境に位置する森で、この「ささやまの森公園」を維持するための多彩なプログラムの企画、実施や森作り活動に参加できるスタッフ(ボランティア)を募集しています。

ささやまの森公園

ここに来て、自然の中で、自然を楽しみ、自然を守り、自然に遊びに来る人たちのために何かを企画すると言ったお世話をする人たちの交流の場所にもなっています。

松葉博雄も、近くにこんな場所があれば、参加して、ボランティアをしてみたいものです。全体を理解するために、森公園の中を車でぐるっと周ってみました。

ささやまの森公園

ぐるりと周ってみれば、杉、檜、コナラ(おならじゃないよ。。)、赤松、竹林、桜、栗、モミの木などが植わっていることが分かりました。時々鳥の声が聞こえ、美しいカワセミの姿を見つけた。今日のこの自然を満喫して、松葉博雄も「五月の子」になりました。

松葉博雄の丹波篠山ツアーは他にもあります。どうぞご覧下さい。

篠山市「こんだ薬師温泉・ぬくもりの郷」へ行く(2007年05月01日)

丹波篠山の農業法人「真何条上営農組合」を訪れる(2009年08月16日)

丹波篠山 秘境ツアー 渓山荘で牡丹鍋を食べる(2010年07月17日)

紅葉狩りと兼ねて、食材も豊かな丹波地区にいってきます。(2010年11月4日)

篠山で「牛屋たなか」と肉の文」と「三岳(みたけ)」で鯖寿司(2011年2月17日)

孫のリッキー君と、リッキー君の両親に誘われて、丹波方面へ(2011年5月5日)

 


大きな地図で見る