丹波篠山の一休庵で、猪鍋と十割蕎麦を頂きました。

篠山の一休庵では、そばは電動臼で蕎麦粉になります。 丹波篠山(2) 社長ブログ神戸/丹波篠山/そば 一休庵

丹波篠山と言えば、日本そばです。

丹波篠山に来たので、日本蕎麦の一休庵でそばを頂く事にします。

ここには、以前に何度も来ています。

入り口には電動の石臼があり、蕎麦を入れると蕎麦粉になって出てきます。

以前日曜日に来た時は大変な賑わいで、行列が出来ていました。

今日は木曜日で平日なので、待つ事もなく席に通されました。

奧さんはそばと天丼のセット、私はそばと猪鍋のセットです。

いずれのセットにも手打ち日本蕎麦が付いているので、一休庵の売り物の十割蕎麦を頂きます。

以前、出石で食べた日本蕎麦には、日本蕎麦の食べ方のお節介・食べ方指南がありました。

一、汁をお猪口に注ぎ、つゆの味を味わう
二、まずそばとつゆだけで麺を味わう
三、次に薬味として葱、わさびでさっぱりと頂く
四、山芋、卵で違った美味しさを味わう
五、最後は、そば湯で締めてご馳走様

これが指南です。

指南の通り、わさび、山芋の他に、おろし大根、湯葉の乗った小皿もありました。

4枚の小皿のお蕎麦を頂いただけで、もうお昼ご飯が済んだような満腹感です。

しかし、そばだけではありません。メインは猪鍋です。

猪鍋に火をつけて煮え立つ前は、冷たい手打ち蕎麦を頂いて、猪鍋が出来るまで過ごします。

思い出すのは、会社を退職して、この近くにそば屋さんを開業したお店に行った事を思い出します。

確か名前は、青垣の大名草庵(おなざあん)です。

猪鍋が煮え立ってくると、お箸は猪鍋に移ります。

猪鍋はほんのわずかしか入っていません。

味噌味の出汁が美味しくて、ご飯にかけて食べると、とても良い味でした。

2016年1月