津山市鶴山城へお花見旅行

津山市と言えば、津山のお城です。津山のお城は、鶴山城と言います。岡山県湯郷温泉・津山お花見旅その2

津山市に、鶴山城にお花見にやってきました。 日本でも、有数な桜の名所です。

津山のお城のお花見は仲良し三人娘がお世話になった、岡山白陵高校の女子寮の先生です。

湯郷津山お花見旅行

赤田進先生ご夫妻と例年お花見をすることを楽しみにしています。

お城と桜ほど似合う景色はないのでは無いかと思います。特に、お城の櫓と重なり合った桜の美しさは格別です。

湯郷津山お花見旅行

今年のお花見の場所取りは熾烈な戦いで、赤田先生が前日に場所取りに来たときには既に、屈強の若い者が縄を張り、ビニールシートを広げ、近寄りがたい状況でした。

湯郷津山お花見旅行

クーラーボックスに氷を沢山詰めて、ビールが少しでも冷たく飲めるように、赤田先生が用意してくれたビールとクーラーボックスですが、これをお城の階段を登って用意してくれたご苦労は大変だったと思います。

湯郷津山お花見旅行

お弁当を広げて、ビールを片手に、今日の準備をしていただきました赤田先生ご夫妻にまず、感謝の気持ちを述べ、何年ぶりかの卒業生との再会を喜び合い、乾杯となります。

湯郷津山お花見旅行

松葉博雄が経験した先生と生徒の関係で、これほど慕われる先生は珍しいと思います。

高校時代の思い出話が仲良し三人娘からでましたが、赤田先生が女学生が寮に戻ってくる頃には、玄関で出迎え、一人一人に声を掛け、まるでお父さん以上の役割をしていたことが仲良し三人娘の話を聞いていてもわかりました。

湯郷津山お花見旅行

津山市の桜は今、七分咲きといったところでしょうか。

まだまだ花の咲き方に勢いがあります。 素晴らしい桜の群舞のような、美しさを競い合う娘盛りのような花の饗宴です。

2006年の4月の天候は、例年よりも悪天候が続き、寒かったり、風が吹く、雨が降る、どんよりした雲がたれ込めるなど、天候不順が続いています。

それが、今日はいつもの4月のお花見のように、カラリと空は晴れ、陽は照り続け、紫外線と日焼けが心配な程の初夏のような陽気になってきました。

湯郷津山お花見旅行

あの時の、あの師弟関係に今は戻ったのでしょうか?

しばらく話しているうちに、あの時代の内緒話やあーだった、こうだったという思い出話がどんどん花のように咲いてきました。

湯郷津山お花見旅行

とても楽しそうな先生と生徒です。とても信頼関係があります。 それはそれだけの信頼を得る、大変な努力をしていらっしゃるからです。 赤田進先生は、まず、着任すると、寮の周りを掃除して、花壇を作り、花を咲かせ、女子寮らしい明るさと華やかさを作るように着手しました。

湯郷津山お花見旅行

難しい年代の頃ですが、親でも腫れ物に触るほどの遠慮のある年代ですが、多くの女子寮生から信頼を得るように、声を掛け、話をし、悩みを聞き、序々にとけ込んでいったようです。

りんりんも皆さんの話の中に入って楽しくやっています。

湯郷津山お花見旅行

りんりんの狙いは皆さんからの同情と憐れみからいただける「寸志」です。 じっと、真剣に見つめられると、つい、あげなくてはと思わせる「交渉力」です。

湯郷津山お花見旅行

お昼頃から始まったお花見は、あっという間に3時が過ぎて、そろそろ帰り支度をする頃になりました。

湯郷津山お花見旅行

赤田進先生ご夫妻は、仲良し三人娘に今度は3人(お父さん抜き)で、いらっしゃいとお誘いがありました。

湯郷津山お花見旅行

お父さんには、別口に、今度焼鳥屋の美味しいところへ一緒に行って一杯やりましょう、と個別対応をしていただきました。 松葉博雄も楽しみです。

湯郷津山お花見旅行

楽しかった津山市のお花見も終わりです。 もう一度、周りの桜を見回してみました。お城の外郭も津山のお城は立派です。

鶴が羽根を広げている姿に似ていることから、津山のお城は別名「鶴山城」と呼ばれています。

湯郷津山お花見旅行

今は天守閣はありません。

もし、残っていたら、あるいは再建したら姫路城に並んで、天下の名城として、観光客がわんさかわんさか、来ることでしょう。

お花見の後は、これから、知人のお家におじゃまします。

毎年お会いすることを楽しみにしています。

湯郷津山お花見旅行

花鳥風月を楽しみ、お茶の侘びと寂びを理解し、一期一会の人との出会いをとても大切にしている茶人です。

湯郷津山お花見旅行

さて、叔母様がお茶をたてて下さるので、同行した仲良し三人娘もお茶を点てるお手伝します。
お茶には作法があるので、嫁入り前の娘としては以前は行儀作法の一つになっていました。

湯郷津山お花見旅行

今の年頃のお嬢さん方は、行儀作法の前に、小学校の頃から受験勉強、習い事、昔なかったパソコンの練習などがあって、とても行儀作法、お料理、家事見習いまで学ぶ時間はありません。抹茶が出来上がりました。

湯郷津山お花見旅行

さて、これをどのようにいただくのか興味深く見ています。

私たちが、突然訪問したにもかかわらず、手際よくフルーツポンチを作っていただきました。

湯郷津山お花見旅行

家の前の玄関口には、季節のお花をいける、茶人としての客のもてなしが出来ていることに感心しました。

湯郷津山お花見旅行

水鉢にはつばきが水盆に浮かび、その水もには桜の花びらが浮かんでいます。

湯郷津山お花見旅行

津山市から神戸に帰ってみると、赤田進先生から仲良し三人娘へのおみやげにハンカチをいただいていました。

湯郷津山お花見旅行
桜を見に行く人は楽で良いのですが、迎える、準備をする赤田進先生ご夫妻は毎年大変なことと、感謝しています。重いお料理やビールを、お城の上に用意していただき、お弁当を作っていただいた上に、娘達におみやげまでいただきまして、ありがとうございました。

ありがとうございました。とても楽しかったです。 3人娘の心にも花が咲きました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です