ホテルモントレ沖縄は、景観を壊しています。僅かに伊江島が見えています。

恩納村前兼久の集落には、公民館の工事が進んでいます。 第156回沖縄訪問(2) 社長ブログ神戸/沖縄 手作り料理/鰻丼

伊江島が、沖縄モントレホテルの最上階の上に、かすかに覗いています。

このホテルモントレが出来る前は、海の向こうに伊江島が見えていました。

恩納村前兼久の公民館の工事は、コンクリートの枠組みが見える所まで進んでいました。

前兼久の人口は、およそ1000人くらいですが、沖縄では各集落に一つ、公民館が有ります。

公民館は集会所のような役割で、村の行事は公民館で行われる事が普通です。

奧さんが作る朝ご飯は、鰻丼です。

鰻丼と相性が合うのは、奈良漬けです。

鰻丼を食べるときには、上から鰻のタレをかけるのが普通ですが、鰻のタレは、かなりの砂糖を使っていて、あまりかけると糖分の摂りすぎになります。

味噌汁は常に薄味を心掛けているので、もし、若いときの松葉博雄がこの薄味の味噌汁を飲めば、きっとこんな薄い味噌汁は嫌だ、と言うでしょう。

それが、だんだんと塩分を気にするようになってきて、生活習慣病を気にするようになってくると、味噌汁の濃さも、味よりは健康に良い味噌の使い方を選ぶようになりました。

ホテルのベランダからみる恩納村前兼久の今日のお天気は、素晴らしいお天気で、今日は温度が上がりそうです。

片山正喜さんに電話して、どこに行こうか相談した結果、孫達が喜びそうな糸満の遊園地に行く事になりました。

ホテルまで迎えに着てくれたので、珈琲をたてて、まずは一服です。

2015年12月30日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です