松山城の別名は、金亀城、勝山城です。

松山城を建築した加藤嘉明公には、お城が出来たらすぐ仙台に転勤命令が出されました。松山(17) 社長ブログ神戸/旅行 松山/松山城

松山市のマンホールの蓋には、特産の日本三大絣(かすり)の伊予絣(いよかすり)と市花ヤブツバキがデザインされています。

これから、松山城に登城です。

松山城に上るには、坂道を歩く方法と、ゴンドラに乗る方法と、リフトに乗る方法の3つがあります。

松山市の中心部、勝山(標高132m)にそびえ立つ松山城は、賤ヶ岳(しずがたけ)の合戦で有名な七本槍の1人、加藤嘉明が築き始めたお城です。

門櫓・塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを巧みに配し、攻守の機能に優れた連立式天守を構えた平山城と言われております。

松山城は、日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつ、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。

つまり、江戸時代に作られた天守閣が、今も残っている貴重なお城です。

平成18年に「日本100名城」、平成19年には道後温泉とともに「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。

ボランティアのガイドさんの説明を聞くと、この松山城を建てた加藤嘉明公は、この城が出来てすぐに江戸幕府から転勤命令が出ています。

今の会社員でも、家を建てても、転勤命令が出る事がありますが、

これだけ立派な松山城を作った後、すぐに仙台に転勤命令が出たのですから、さぞ残念だったと思います。

天守閣に向かう途中の広場には梅や桜が植えられていて、春になるときっと賑わうと思います。

天守閣を背景に、絶景の撮影スポットが用意されていて、ここで奧さんと二人で記念撮影です。

その後、大阪市立大学大学院の同門の、家永秀則さん、菊池浩史さん、山﨑真嗣さんと一緒に記念撮影です。

日本のお城は、天守閣が落ちたら負けのルールです。

その為、天守閣にまで的が攻めてこないように、あらゆる策が巡られています。

上から石を落とす、煮えたぎった油をかける、横から鉄砲や弓で射かけるなど、最後の最後まで、天守閣を守るように考えられています。

天守閣に入る途中に、大太鼓をうつ場所がありました。

ここで、城下の家臣達に、集まれとか、急げとか、敵が来るぞとか、音で合図をしていたようです。

2015年11月28日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です