盛山正仁衆議院議員の、ミニ集会を行いました。

政治家は、地盤(選挙区)、看板(名前)、かばん(資金)の三バンが、重要と言われています。 社長ブログ神戸/会社の出来事/交友録/盛山正仁議員のミニ集会

盛山正仁衆議院議員は、若い人達と会って、自分の考えを伝える機会を望んでいます。

通常、ミニ集会と呼ばれる、膝と膝を合わせるほど近い距離で、集会を繰り返しているそうです。

そこで今夜は、さんプラザコンタクトレンズの事務所で、社員の皆さんとの集会です。

以前に講演会で聞いた話は、前の幹事長であった、石破茂さんのお話では、国会議員は地元に戻れば、1年に200回でも300回でも、出来るだけ多くのミニ集会をこなし、自分自身に、ミニ集会の回数を目標にして、達成するような努力を求めていました。

すでに地盤が出来ている2世議員、3世議員であれば、ミニ集会をこつこつとこなしていく組織が出来ていますが、

盛山正仁議員は、世襲議員ではないので、政治家に必要な三バン(地盤、看板、鞄)が十分ではありません。

ミニ集会を開くには、これから組織を作っていかなければ、自民党幹事長が要求するような、何百回もの達成には難しさがあります。

衆議院には、解散があり、解散は内閣総理大臣が決める事なので、前回の総選挙のように、突然の解散がいつあっても、選挙の準備が出来ていなければ、慌てふためくことになります。

まずは、後援会組織をしっかり作り、組織を束ねる、中間幹部、上層幹部を育成する必要があります。

国会議員に当選しても、いきなり自分自身の政治理念を実現することは難しく、当選を重ねていく内に少しずつ役職が上がり、次第に政府の中枢部門へと進んでいくのが普通です。

自らの政治理念の実現のためには、地元の選挙民に対して、繰り返し繰り返し、自らの考えを述べて、支持者を増やしていく事が、当選回数を重ねる事でもあり、職責を高める事にもなります。

これは我々にとってみると、繰り返しメルスプランの理念を多くの人に伝え、一人でも多くの会員を募っているのと、マーケティング視点で見ると、ビジネスも政治も似ているなぁと思いました。

今日のミニ集会では、議員活動の一端を、詳しく聴かせて頂きました。

目下国会は、閉会中ですが、閉会中にあっても、朝6時に集まり、野党議員の質問に対する答弁を、各省庁間で整合させ、委員会で答弁しているそうです。

2015年12月5日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です