法務副大臣 兼 内閣府副大臣の衆議院議員 盛山正仁先生が、来られました。

盛山正仁先生の、心からの希望は、出来るだけ多くの人に、話をする機会を持ちたいそうです。 社長ブログ神戸/会社の出来事/交友録/盛山正仁衆議院議員

法務副大臣 兼 内閣府副大臣の衆議院議員 盛山正仁先生が、年末のご挨拶に事務所に来られました。

昨年2014年の今頃は衆議院総選挙で、大変な時期でした。

今秋の10月7日に第三次安倍改造内閣があり、盛山正仁先生は法務副大臣兼内閣府副大臣に任命されました。

そのせいで地元神戸には、なかなか帰られないというもどかしさに直面しています。

もしなにか重大事が起きたとき、大臣と副大臣、そして政務官のいずれの誰かが、首相官邸に1時間以内に駆け付けることが出来る、その範囲内にいないといけないそうです。

何も起きなければ幸いですが、もしフランスやアメリカのように突然のテロ事件があれば、政府高官はすぐさま首相官邸に集合し、緊急事態に対応出来るように、普段から準備しているそうです。

帰りたくても帰れないし、選挙区の選挙民の皆さんに国会報告をしたくても、なかなか出来ないというジレンマがあるようなので、それでは、何かお手伝い出来る事はありませんか?と、お話しすると、

盛山正仁先生の目下の希望は、出来るだけ多くの人とお会いする機会がほしいそうです。

例え、4人でも5人でも、盛山正仁先生のお話を聞きたいという市民の皆さんが集まって頂ければ、駆け付けたいというご希望です。

それなら、我が社でも、ミニ集会をしましょうと、話はまとまりました。

2015年12月5日(土)