松山大学は、松山商科大学から始まり、総合大学を目指しています。

松山大学の学生数は、約8000人です。ほとんど自転車かバイク通学です。松山(9) 社長ブログ神戸/旅行 松山/松山大学

松山大学と松山短期大学のキャンパスで、大阪市立大学大学院の同期生 竹田英司さんと再会する予定になっています。

松山大学のキャンパスは、松山城より北方向にあります。

松山大学の隣には愛媛大学が続いています。

松山大学と愛媛大学は、その間に道路を挟み隣接しています。

松山大学の正門前で、皆さんが集まるのを待ちます。

一緒に松山大学を訪問するのは、大阪市立大学大学院の家永秀則さんと菊池浩史さん、山﨑真嗣さんです。

さらに、家永秀則さんの研究友達の森和男さんと石橋陽さんも一緒です。

しばらくすると、キャンパスの向こうから竹田英司さんが出迎えに来てくれました。

今日はこのメンバーで松山大学の教室をお借りして、研究会を行います。

竹田英司さんとは、3年ぶりでしょうか?

2007年4月に大阪市立大学大学院 創造都市研究科に同期生として入学し、明石芳彦先生のゼミで一緒に博士を目指して勉強をしました。

松山大学は以前、松山商科大学でした。

商科の単科大学から、経営学部、経済学部、人文学部、法学部、薬学部が増設され、総合大学を目指しています。

竹田英司さんに案内して頂き、松山大学のキャンパスを駆け足で回ります。

図書館はその蔵書数も多く、内容は充実しているそうです。

ここで質問です。

松山大学の入学から卒業まで、四年間にかかる学費はいくらくらいでしょうか?

竹田英司さんの答えは、安いですよ、200万円くらいです。ということです。

では、学生数はどのくらいですか?

およそ8000人くらいです。そうすると、8000人×年額授業料50万円として、年間収入は、40億円ですか?

それに、文部科学省からの補助金があるので、概算の年間予算が想像つきます。

キャンパスから松山城の天守閣が見えます。

もっとよく見える場所に、あとで案内しますよと言われ、楽しみです。

松山大学の学生の方は、京阪神のような電車利用は少なく、ほとんどが自転車かバイク通学だそうです。

従って、電車の時刻表に縛られた、都会のような時間感覚が育たないそうです。

松山大学のキャンパスにはクスノキが茂っていて、かなり年輪を刻んだ大きなクスノキが、夏には熱い太陽光線を遮って涼しい木陰を作っているように見えます。

2015年11月28日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です