もう一度遊んで:りんりんがもらったバレンタインプレゼントのフリスビーの練習

もう一度遊んで:りんりんがもらったバレンタインプレゼントのフリスビーの練習

もう一度遊んでとりんりんの催促があります。りんりんはもらったバレンタインプレゼントのフリスビーの練習をしています。

イタリアトリノ冬季オリンピックのフィギュアスケート

イタリアトリノ冬季オリンピックのフィギュアスケートがテレビをにぎわしてる頃、りんりんもバレンタインでいただいたフリスビーを使って、跳躍の練習をすることになりました。

りんりんのフリスビー

広いおうちであれば、遠くまで投げることができるのですが、あいにくと狭い家でフリスビーをやるので、見本を見せることができません。

 

りんりんのフリスビー

りんりんのフリスビー

りんりんのフリスビー

とりあえずは、フリスビーをちょっと投げては取りに行かせるというところから練習は始まります。

りんりんのフリスビー

フリスビーをとってきて戻れば、ご褒美がもらえることになります。

りんりんのフリスビー

フリスビーを投げると、着地方法がフリスビーを伏せるような形になると、りんりんは口で咥えることができないことがあります。

りんりんのフリスビー

フリスビーがすっかり気にいって、 もう一度遊んで、もう一度遊んで、と、りんりんはおねだりしています。

りんりんのフリスビー

こういうときはどうするのかと見ていると、りんりんは、フリスビーを床に滑らすように移動させ、どこかに当てて、裏っ返していました。これは頭脳的プレーです。

りんりんのフリスビー

これだけでも頭の勉強になったようで、オーナーのおねえちゃんは、大喜びしていました。

りんりんのフリスビー

どこのお母さんも、子供がちょっとでも勉強できると嬉しがるようなもので、りんりんもお利口な様子を見せると、家族一同大喜びしています。それを見たりんりんは、また張り切ってフリスビーをやりたがっています。もう一度遊んでと、終わりがありません。