CSC中部視力センターに見学に来ています。

中部視力センターの西川次一社長から、四日市でのメルスプランの取り組みについて、お聞きしました。他店と勉強会2015(1)  社長ブログ神戸/交友録/コンタクトレンズ勉強会

中部視力センターに見学へ行く日です。

11月の快晴に恵まれて、お天気は上々です。

近鉄・都ホテルズの朝食はバイキングです。

一階のロビーの隣で朝食が始まっています。

大きな全面ガラスの向こうには、ホテルの周りに集まる人達が遠くまで透けて見えています。

近くの隣の席には、ジャズ演奏家の渡辺貞夫さんが一人で食事をしていました。

多分、一緒に演奏したと想像される音楽家のグループの人達は、渡辺貞夫さんの席から少し離れた場所で食事をしています。

今日見学する中部視力センターと近鉄都ホテルとは、歩いてすぐ近くです。

中部視力センターの西川次一社長が、笑顔で迎えてくれました。

一緒に見学するのは、石巻の大街道コンタクトレンズセンターの森潔英さんと、さいたま市のアイ・オプトの大原佳子さんです。

西川次一社長から、四日市のコンタクトレンズ市場についてのお話がありました。

昨年は石巻に行き、石巻の東日本大震災被害状況も見る事が出来ました。

埼玉に行ったときは、さいたま市の駅前を中心としたコンタクトレンズの価格競争を見て、全国的に同じような価格訴求をしている事に胸を痛めました。

価格訴求をすれば、安くするためには何かを削減しなければならず、

それは従業員への待遇であったり、お客様へのサービスの削減であったり、技術サービスの省略であったりします。

遅れて、宮城県の古川メディカルサービスの鈴木秀悦さんが来られました。

皆さん全員が、コンタクトレンズは価格だけではないと考えています。

高度管理医療機器であるコンタクトレンズは、安心・安全を提供するべきで、それには価格競争をしていては、実現できません。

その点、定額会員制のメルスプランであれば、価格訴求に陥る事もなく、メニコンのサポートを得て、安全哲学のサービスを受ける事が出来ます。

その為に、加盟店の皆さんが定期的に顔を合わせて、加盟店を訪問しあって、意識を高めていく事になります。

2015年11月11日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です