大阪府立大学と、大阪市立大学の統合は、どうなるのでしょうか?

こちらの追加記事は一番下にあります。

大阪府立大学のキャンパスにある古くからの施設は、大学統合の影響を受け、方向性が定まらないままどんどん劣化しています。 社長ブログ神戸/大阪府立大学と大阪市立大学統合問題

大阪府立大学と大阪市立大学は、橋下徹市長の勧める大阪府と大阪市の二重行政を一元化する方針で、二校が統合する方向に向かっています。

しかし、今年の夏の住民投票の結果、大阪府と大阪市で大阪都構想が否決されました。

大阪府立大学と大阪市立大学は統合するか、それとも統合案を白紙に戻し元のままになるのか、次の大阪都知事選挙と大阪市長選挙の行方にかかっています。

今日大阪府立大学のキャンパスを回ってみると、

キャンパスの校舎や体育設備は、老朽化が目立っています。

体育館は、耐震構造偽装事件(いわゆる姉歯事件)で、体育館の耐震補強工事が必要となり、体育館の外側を鉄骨で覆い、強度を補強しています。

ところどころに新しい建物もありました。

建物を新たに建てるには予算が必要です。

しかし、予算執行にあたり、大阪都構想が大きく影響しています。

方針が決まらなければ予算を控えられ、大阪府立大学も大阪市立大学も、新しい建物を建てる事も、古くなった建物を改修することも出来ず、現状維持のままです。

松葉博雄は、大阪府立大学と大阪府立大学の両方の大学院で学んだことから、どちらも愛着があるので気になります。

一方東京都の場合は、首都大学東京を創り、東京都立大学から名称をかえて、いかにも首都の東京らしい名前になりました。

大阪府立大学と大阪市立大学は、まだ名前が決まっていません。

統合するかどうかも怪しくなりました。

政治家の考えが、キャンパスの維持に影響を与えています。

人の考えをよそに、地に根を張った大きなクスノキは、太陽の恵みを受け、空に向かって枝を張り、葉を茂らせ、大きく育っています。

まるで教育は、人を育てる事は、このようにあるべきだと示しているようです。

2015年11月3日(火)


追加更新2017/9/10




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です