兵庫県加西市笹倉町「いこいの村はりま」、兵庫県加東郡滝野町の滝野温泉「ぽかぽ」~播磨地区巡り~

今日の定休日は、季節の花である水仙を求めて、近づきつつある春の花を求めて、どこに見に行こうかと考えました。

いこいの村はりま

有名なところは、淡路の水仙郷ですが、淡路の水仙郷は少し遠いので、もっと近くにないかと思って、インターネットで調べ、播磨地区に行くことにしました。

いこいの村はりま

播磨地区で、まず行った所は、いこいの村はりまです。

いこいの村はりま

この「いこいの村はりま」の前庭には池があり、そしてその池には、渡り鳥が飛んで来ていて、羽を休めています。

いこいの村はりま

いこいの村はりまのロビーに入ると、季節を告げるお雛様が飾ってあります。

いこいの村はりま

フロントで、水仙の花は咲いているかを尋ねましたが、残念ながら水仙の花はまだ咲いていないということでした。 なんでかなと、考えてみました。

いこいの村はりま

フロントの方のお話しでは、水仙の花は桜が咲く頃に咲くそうです。そうすると、4月に桜と水仙が並んで咲くことになります。

そういえば、今朝見たインターネットの写真にも、桜があり、水仙がありました。別々の時期と勝手に思っていたら、桜と水仙は「いこいの村はりま」では、同じ頃に咲くようです。また、調査の失敗でした。
奥さんに「ちゃんと見たの?」と言われながら、なんとかごまかして、他の所に行くことにしました。

いこいの村はりま

しかし、一応はせっかくここまで来たので、このまま帰るのは残念なので、この池の周りをぐるっと一周してみました。

池の縁の付近で、ルアー釣りをしている若い男女もいます。このあたりはよく釣れるのでしょうか。


お昼が近くなったので、お蕎麦を食べることにしました。ドライブ中に見つけた看板に、「石臼挽き播州蕎麦」がありました。

美味しそうなお店を見つけました。「かもよし」です。おいしい店かどうかは、外の店構えと、駐車場の車の数や、外から中を覗いたときのお客さんの入り方で判断します。

石臼挽き播州蕎麦

もし、お昼時や夕食時なのにもかかわらず、ガラガラ状態では、このお店はちょっと怪しいと判断します。

石臼挽き播州蕎麦

お客様も多く、これならおいしい店と判断して、こちらに入って、お蕎麦をいただきます。お蕎麦定食です。

お昼時なので、大変たくさんのお客様が来ておられます。なかなか美味しい味でした。

石臼挽き播州蕎麦

レジが近かったので、一組当たりの支払金額はどのくらいになるかを、耳をそばだて、聞いています。

石臼挽き播州蕎麦

なかなか良い売上状況です。少し、これは?と思ったことは、ほとんどのお客様のグループが、領収証を求めていることです。

石臼挽き播州蕎麦

今日は木曜日で平日なので、きっとこれは、会社が社用に利用している昼食だとわかります。


滝野温泉「ぽかぽ」

お昼を頂いた後は、温泉に行くことにしました。このあたりであれば、滝野温泉「ぽかぽ」です。

ぽかぽの楽しみは、鮎が年中食べられることです。もちろん冷凍した鮎を、解凍して焼いているものです。

ぽかぽでビールを頂き、鮎を食べました。鮎1匹は、315円です。なかなか良心的なお値段です。

滝野温泉「ぽかぽ」

この寒い冬の時期まで冷蔵庫で鮎を冷凍保存し、それを解凍し、いつ現金に替わるかわからないリスクを抱え、鮎を焼いてお店に並べて、315円で売るのですから、かなり儲けは度外視しているように思えます。

滝野温泉「ぽかぽ」

ラーメンだと、熱いラーメンより、いったん冷やした冷麺の方が高いのです。蕎麦も、熱い蕎麦よりも、冷やしたざる蕎麦の方が高いのです。 このように、一度冷やすという手間が入ると、食べ物は高くなるのが普通です。なのに、今日の鮎は315円なので、大変満足しています。

滝野温泉「ぽかぽ」

この売店のお嬢さんが愛想のよい方で、いろいろと楽しい話をしてもらいました。

鮎の写真を撮っているとき、このお嬢さんが、どうしてそんなに写真を撮るのかと尋ねたので、これは、松葉博雄のホームページ用に写真を写しているんですよと言えば、このお嬢さんは、なんと、「それなら、私が出ましょうか」と、笑いながら言ってくれました。

滝野温泉「ぽかぽ」

それは願ってもないことなので、「是非、写真を撮らせて下さい」とカメラを向けると、突然大笑いをして顔をふさぎました。きっと冗談のつもりで言ったつもりなのに、本当にこのおじさんは私を写そうとしたと思って、おかしくなったのでしょうか。

滝野温泉「ぽかぽ」

並んでるお料理は、おでん、一品料理の数々です。それを、自由に選んで、取り皿に取って、お勘定は目方で量り、料金が決まります。つまり、おかずの量り売りです。

滝野温泉「ぽかぽ」

鮎をいただいて、ぽかぽの温泉に入ります。

滝野温泉「ぽかぽ」

ぽかぽの温泉は、露天風呂が良さそうです。

滝野温泉「ぽかぽ」

温泉の中へは、カメラを持って入りませんので、リーフレットから転写しています。

滝野温泉「ぽかぽ」

お風呂から上がると、談話室で休憩します。お座敷でゴロンとして寝かせてもらいます。 だいたい高年齢の方がたくさん来ていらっしゃいます。 日帰り温泉で、ぺちゃくちゃしゃべっているおじさん・おばさんの話の内容かと気になりました。

滝野温泉「ぽかぽ」

どんな話しかと言えば、普段は身の回りで起きたたわいもない事が多いのですが、今日のおじさんおばさんの話題は、なんと皇室典範改正の話題でした。つまり、天皇家の問題について、男系天皇か、女系天皇かという、小泉純一郎内閣が国会に提出しようとしている問題について、真剣に話していました。この日には知らなかったことですが、その後、天皇家の問題は、号外が出るほどの国民的関心を呼ぶことになります。

2006年2月2日