『冷めていくスープの理論』とは、熱を止めてしばらく置いておくと、段々とスープは冷めてきます。

スープが冷める事と同じように、人の気持ちも時間が経てば冷めてきます。社長ブログ神戸/コンタクトレンズメーカー/メニコン

松葉博雄が大阪府立大学大学院で企業組織文化の研究をしているとき、『冷めていくスープの理論』という概念を修士論文に書きました。

鍋で沸騰したスープも、火を止めてしばらく置いておくと、段々とスープは冷めてきます。

このスープが冷める事と同じように、人の気持ちも時間が経てば冷めてきます。

経営管理に当てはめると、経営理念であったり、重要な経営戦略であっても、その熱意に絶えず経営者からの励ましや鼓舞がなければ、段々と社員の熱意は下がってきます。

従って経営者は、絶えず熱意が冷めないように、熱い気持ちを吹き続けなければなりません。

メニコンの主催するメルスプランにおいても、同じ事が言えます。

同じ事を毎日、毎月、毎年続けていると、少しずつメルスプランに対する熱い気持ちが冷めてくるかもしれません。

気持ちが冷めないようにする為に、メニコンの担当者の菊川紀幸さんと中島知之さんに、メルスプランに関する熱い気持ちを、現場の社員に話してもらいます。

メルスプランの加盟店は、全国で1600店舗以上あります。

同じメルスプランの仕組みを同じようにお客様に説明していても、加盟店が獲得している会員人数には、1番から1600番まで会員数に違いがあります。

ではどうして、このような会員数の差が生じるかと言えば、そこにはスープが冷めないように、絶えず鍋の下から熱い火をたき続ける努力が必要です。

どんなに熱々のカップルでも、何年も経てば倦怠期が訪れて感動が薄れるように、同じ状態であっては、ついつい熱は冷めてしまいます。

熱が冷めないように工夫する事も、経営管理の上で大切なことです。

2015年9月26日(土)