明石海峡大橋が見える岩屋地区の高台には、どんどん別荘が建てられています。

東浦のフローラルアイランドには、新鮮野菜を求めて、長い行列が出来ています。行列の解消には、レジの精算方法を考える必要があります。社長ブログ神戸/淡路ブログ/フローラルアイランド/別荘地

木曜日には雨が降ります。

先週も、先々週もそうでした。

雨が降って頭上が暗い雲に覆われると、海も荒れてきます。

大磯港は上流からの土砂が海に流れ込み、海が浅くなり、潮の満ち引きで楠本川の 奥深くまで海の潮が入り込んできています。

海が浅くなると、ちょっとした波で港にはうねりが生じ、見た目には自然の浜辺らしくなってきました。

雨の中をフローラルアイランドに買い物に行きます。

フローラルアイランドのオープンは9時です。9時前からすでに行列が出来ています。

早く行けば、それだけ陳列したばかりの良い商品を選べるからです。

丁度いちじくを出品した農家の方が、いちじくにバーコードラベルを貼り付けているところでした。

この方に、この中で美味しいいちじくはどのように見分けたらいいでしょう?と尋ねて、選び方の極秘を聞き出しました。

夏のお盆の頃から始まった淡路島のいちじくの出荷は、9月になると段々と価格が下がってきています。

今日は平日なので買い物客の人数は少ないのですが、シルバーウィークの連休中は、レジを待つ行列が店内を一周するほど長い列になったそうです。

こんな場合にはレジの対応をどうすればよいのか提案したくなります。

今のところフローラルアイランドのレジは、暇な時でも超忙しい時でも同じ体制で、行列を待つ人はイライラしています。

レジが長引くのは、商品をバーコードに通した後、

レジの担当者がレジテーブルに商品を並べて袋詰めをしているからです。

こんな方法から、レジは精算だけにして、袋詰めは買い物客が別の席で自分自身ですれば、レジの速度はうんと速くなるはずです。

2年くらい前から友人に、明石海峡大橋と大阪湾が見える眺望の良い別荘地を探すように頼まれています。

ドライブをかねてあちらこちらを見て回っても、ここは良いなぁと思う所は、どんどん建築工事が始まっています。

あちらこちらの空き地には重機が入り、建築工事が始まっていることが分かりました。

早い者勝ちで、良い場所は既に別荘が建てられ、とても眺望の良い場所は、ますます少なくなっています。

一軒当たりの敷地も、段々狭くなっています。

反面、既に建築した別荘地の前に、新たな別荘地が建つと、後ろのお家は眺望が悪くなり、早く建てるのが必ずしも有利とは限らなくなっています。

2015年9月24日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です