懐中時計の鎖を壊した事を素直に謝る孫が、また可愛くなりました。

幼児と一緒に頂く朝食は、その準備から大変です。作る方は栄養のバランスで選び、食べる方は好きな物を優先して選んでいます。社長ブログ/手作り料理/孫達と食べる朝食

幼児がいると、朝は起きたときから大賑わいです。

奧さんは大変で、朝早くから皆のご飯の支度でてんてこ舞いです。

皆さんのバランスのとれた栄養摂取のために、今朝は三色丼を奧さんが用意してくれました。

お肉は味付けしたそぼろ肉です。これをスプーンでとって、銘々のお茶碗にとりわけします。

U君が喜ぶのは、炒り卵です。

それに、オクラもあります。

肉気を求める松葉博雄には、ウィンナーを炒めています。

松茸をすき焼きに入れて香りをなくしてしまった反省に、

今朝は松茸のお吸い物で、ちゃんと豆腐と春菊が一緒です。

デザートはぶどうです。これは、U君とMちゃんの大好物です。

淡路で買ってきたいちじくも、U君は大好きです。

昨日U君は、やめなさいと言っているのに懐中時計を引っ張ってチェーンの先端を壊してしまいました。

今朝はお父さんとお母さんに注意を受けたのか、朝一番に松葉博雄のところにきて、

「おじいちゃん、時計を壊してごめんなさい」と、素直に謝ってくれました。

自分でよそった三色丼ですが、三色では収まっていません。

それは、ちりめんじゃこを入れたからです。

ぬか漬けの茄子はちょうど食べ頃で、全部食べても良いくらい美味しかったのですが、

一皿の漬け物を全部食べると塩分のとりすぎになるので控えていると残ってしまい、

勿体ないと思っていたら、奧さんがラップをして冷蔵庫に入れてくれました。

2015年9月13日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です