メニコンの株式上場を記念して、さんプラ通信で特集記事を編集しました。神戸の社長ブログ/コンタクトメーカーブログです。

メニコンが海外企業に対して、劣位挽回出来たのは、定額会員制メルスプランのおかげです。それを支えたのは、有力加盟店のお陰です。   さんプラ通信 8月号 神戸の社長ブログ

さんプラ通信は、毎月発行です。2015年8月号は、第42号になりました。

42号の特集は、メニコン東証・名証、第一部株式上場祝です。

メニコンは、創業60年以上の老舗のコンタクトメーカーです。

日本のコンタクトレンズメーカーは、1970年代からのソフトレンズと1990年代からの使い捨てレンズへの対応が遅れ、海外企業に対して劣位になっていました。

メニコン、ニチコン、シード、の大手国内メーカー三社は、懸命な生き残り策を模索してきました。メニコンは、定額会員制メルスプランに取り組みました。

2001年から、取引先の有力企業へ、加盟店になるように呼びかけていき、次第に会員数が増加し、1995年頃から一旦赤字になった経営状態は、その後メルスの会員が損益分岐点を越えるようになってから次第に黒字化し、とうとう長年の宿願であった、株式公開が承認されるまで、業績は回復しています。

メルス会員の約70%は、メニコンの取引先である加盟店が獲得し、約30%は直営の店舗で獲得しています。加盟店の中でも、メルスに熱心な獲得数上位の加盟店で、加盟店全体の70%を獲得しています。

このようなメルスの誕生から、メルス会員110万人突破までの15年間の経過を、メニコンと一緒になって、会員獲得活動をしてきた加盟店と、さんプラザコンタクトレンズにとってみて、株式公開は、私たちの共通目標でした。

メニコンが株式を公開できるほど業績が回復すれば、一緒になって頑張ってきた加盟店にも、きっと論功行賞があると信じていたからです。

しかし、株式公開直前になっても、加盟店には全く論功行賞の連絡はありませんでした。

論功行賞とは、ストックオプションのことです。

ストックオプションを頂いているのは、メニコンの田中英成社長以下、経営者と子会社の人達だけです。

メルスプランは優れたシステムです。

ユーザーの目の健康を考えながら、価格競争回避しています。

加盟店のオーナーの皆さんは、今回の論功行賞が無かった事について、複雑な気持ちを抱いているようですが、今後の軌道修正を期待したいものです。

2015年7月17日(金)