神戸商科大学(兵庫県立大学)大学院経営学研究科社会人コースの修了生 MBAの会

神戸商科大学大学院経営学研究科の、小西一彦先生、中橋国蔵先生、齋藤修先生が出席され、MBAの会 親睦会が、開催されました。

神戸商科大学(兵庫県立大学)大学院 経営学研究科社会人コースの修了生が、MBAの会を作っています。今日は神戸三宮の中華料理の第一楼で、1年に1度の親睦会です。

親睦会に先立ち、松葉博雄は、主催者側を代表して、ご挨拶です。

ご挨拶の内容は、「人は、人によって、人となる」と言われる様に、私たちも、商大大学院で、優れた先生達のご指導で、経営学をアカデミックに議論できる人になりました。

大学院の役割は、①研究、②実践、③教育があります。

社会人大学院の修了生は、①博士号を取得して研究者となった人達、②経営の現場で、経営学を活かして、経営を実践する経営者達、③経営学の知識を、学生達に伝える教職者達、と3つの役割をしっかりと果たしています。

この後、二つの講演がありました。最初は、中橋ゼミの大村邦年さんの発表です。

その後、中橋国蔵先生の講演は、「資源ベース論と持続的競争優位」のテーマでの講演です。

なかなか、ビールが飲めません。2時に始まったMBAの会は、3時半を過ぎた頃、乾杯にこぎ着けました。

乾杯の音頭は、松葉博雄の師匠の小西一彦先生です。小西一彦先生の乾杯の音頭も、前置きが長くて、中々ビールを飲めるところまでは、進めません。

乾杯の音頭が終わって、お料理が二つのテーブルに運ばれてきました。第一楼は、神戸で老舗の中華料理店で、料理の質が高く、普段頂いている中華料理とはランクの違うお料理でした。

今日の会費は、5000円ですが、MBAの会から一部負担をしているので、5000円で収まっています。

齋藤修先生は、今年、兵庫県立大学を定年退職されました。私学に行くことなく、しばらくは充電されるそうです。

齋藤修先生から、神戸商大のブランドを守るには、修了生が幅広く社会で活躍して、神戸商大のブランドを、社会に認めてもらうようにする事であると言われました。

その為にも、社会人大学院生の、MBAの会の皆さんにも、頑張って頂きたいというコメントでした。

小西一彦先生は、いくつものベンチャー研究会を毎月、止まることなくつづけています。とても、エネルギッシュです。

今年の6月まで、2期8年、神戸市市会議員を務めていた大寺真理子さんのあいさつです。市会議員を終えた後は、ビジネスを予定しているようです。

MBAの会のメンバーの有志で作った、有限会社商大サービスは、活動を休止していましたが、大寺眞理子さんが、市会議員を辞めた事で、活動が出来るようになり、社長としてまた活動を再開するそうです。

MBAの会が終わり、帰る時、小西一彦先生と、中橋国蔵先生と、エレベータでご一緒になりました。

2人の先生から、松葉博雄さんは、研究者として十分やっていけれる、もう少し若ければ神戸商大でも、活躍できたのにと、お褒めのコメントを頂きました。

第一楼の入り口で、小西一彦先生と中橋国蔵先生にお願いして、ご一緒に記念撮影をして頂きました。

もちろん、今日の参加者全員で、集合写真も撮ってもらいました。

2000年4月から始まった、社会人大学院の経営研究科のコースは、今は終了しました。

代わって、会計大学院、中小企業診断士等の、経営専門職大学院になっています。

これは、旧制三高商の一校として、歴史と伝統のある神戸商大のブランド、経営・経済系の大学として、伝統ある、神戸商科大学が、方向転換した事です。

これまでのブランドを生かしてない事が、残念であるという意見が、今日のBMAの会で出ました。

2015年7月12日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です