アイ・フレンズ長浜楽市コンタクトレンズを訪ねてみると、メニコンの住本琢彦さんが社員勉強会に来ていました。

料亭旅館やす井で買ったお土産は、牛すじゴボウとしる万の鯖寿司です。 彦根ツアー(13)

長浜市にくると、ご当地のコンタクトレンズ販売店に寄ってみたくなります。メニコンのメルスプランの推進しているアイ・フレンズ長浜楽市コンタクトレンズへ寄ってみます。

長浜楽市とは、長浜市にある、西友長浜楽市店を核としたショッピングセンターのことです。

アイ・フレンズ長浜楽市コンタクトレンズと提携しているのは、医療法人厚生会 三愛眼科です。

丁度お昼休みの時間にあたってしまい、入り口も窓も、全て閉まっており、中をうかがう事が出来ません。

裏に回って、勝手口を探してみても、見つかりません。せっかく来たのに残念です。

そう思って、アイ・フレンズ長浜楽市コンタクトレンズの前の中庭に戻ってみると、中庭で男性が一人休憩している姿が見えました。

この方に声をかけてみると、ぴったりアイ・フレンズ長浜楽市コンタクトレンズの社長さんでした。

続いて出てきたのは、最近まで我が社の担当をしていた、住本琢彦さんです。住本琢彦さんは、長浜楽市コンタクトレンズで、昼休みを利用して、社内勉強会をしていたそうです。

住本琢彦さんは、予告無く松葉博雄が現れたことに驚いた様子で、何か御用でしょうか?と、面食らっています。

何も特別に用はないのです。長浜地区は、メルスの獲得がどんな様子か、教えて欲しかったのです。

現在のメルス会員獲得数、退会者の状況、新規獲得の方法などを教えてもらいました。

長浜市と彦根市は、車の距離で30分程度の距離です。彦根のやす井に戻ってきたらもう3時前でした。

なんと、やす井の玄関で、中村祥江さんが私達を待ってくれていました。

沖縄から海を越えて、片山正喜さんが運転してきた車から、松葉博雄の車に荷物を移し替えます。荷物とは、沖縄で採取した、沖縄の園芸店で買ってきてくれた、植木類です。

バナナの苗、ヘゴヤシの苗、月桃の苗、などです。片山正喜さんは、これから岸和田の友人を訪ね、その後は山陽道を通って九州に向かい、鹿児島から沖縄に戻るそうです。

やす井で買ったお土産は、しる万本店の鯖寿司です。

駐車場で聞いた地元のおばさんの話では、しる万本店の鯖寿司は、一本5000円もするという話でしたが、実際の価格は、一本1500円でした。

神戸に戻って、しる万の鯖寿司を頂いてみると、とても美味しい鯖寿司でしたが、松葉博雄の年代になると、鯖寿司のご飯の量は、こんなに沢山はいりません。

夏なので、傷みやすいのか、鯖寿司に使った保存料の塩は、かなり効いていました。塩も、高齢になると避けたい調味料です。

帰りの道のりは、彦根から神戸まで、2時間少しの時間でした。神戸から彦根に行く時は、道路工事の影響で、3時間半掛かった道も、帰り道は早く着きました。

2015年6月12日(金 )