たこ焼きの「たちばな」は、さんプラザビル地階です。

たちばなのたこ焼きは、大阪風と違って緩い生地で、出汁と一緒にいただく、別名「明石焼き」です。 たこ焼 たちばな

神戸名物 たこ焼の「たちばな」は、さんプラザビルの地階にあります。

たちばなは、さんプラザコンタクトレンズと同じように、このビルができた頃からの老舗です。

朝ご飯が、まだ消化し切れていないので、昼食は、軽いたこ焼きを選びます。

たちばなは、たこ焼きといっても、大阪風のたこやきとは違い、完全に丸くありません。

生地も緩く、ふわっとした仕上がりで、出汁と一緒にいただきます。

たちばなのお店では、たこ焼きに明石の蛸を使っているそうです。

このような生地の緩い、ふわっとして出汁でいただくたこ焼きを、別名「明石焼き」といいます。

一人前が10個で、松葉博雄と奧さんは10個ずつ昼食としていただきます。

神戸市長の久元喜造さんは、フェイスブックで、たちばなの明石焼きを好んで食べると、写真入りの投稿が以前にありました。

三つ葉が別皿に用意されていて、この三つ葉をだし汁に入れると、一層風味が増してきます。

出し汁を啜ってみると、出汁汁だけでも美味しい、吸い物のようです。

刷毛で塗るソースも用意されていますが、お客さんのほとんどは出し汁でいただいています。

1時を回った頃のお店ですが、次から次へとお客さんが入ってきています。

カウンターの向こうの2人の焼き手は、注文が入る前から見込んで、明石焼きを焼いています。

出汁に入れて、一層ふんわりとした、たちばなのたこ焼きは、中を箸でつついてみると、明石の蛸がのぞいて見えました。

しばらく出汁につけておくと、緩かった生地は、いっそう緩くなり、出汁の中で溶けそうな柔らかさです。これをだしと一緒に啜っていただくと、なかなかの絶品です。

たちばなの明石焼きを置く木の台は、長年使い込んだ様子で、熱い熱いたこやきで、木に焦げ目が残っています。

入り口に近い、たこ焼きを焼く場所の焼き手は、お客様を案内する案内係も兼ねています。

一人前10個のたこ焼きの、お値段は620円です。

今日は、使っていなかった、店頭のたこ焼きの穴の空いた鉄板は、お客の数に合わせて、稼働するのか、それとも通行人に対して、デモンストレーション効果のためなのか、いつでも稼働できる体勢です。

たこ焼きの持ち帰りができるようですが、たこ焼きのような粉モンは、やはり熱々が身上で、家に帰って冷めたたこ焼きでは、お店の味が十分に伝わりません。

2015年6月14日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です