社長が講師 新人研修は、和気藹々(わきあいあい)と進みました。

社長が講師 社長さんは大変です。応援の社員も大変です。研修の教材づくりから、講義、雑談、雰囲気づくりまで、外部講師に頼らず、社員のみんなでやりました。 淡路研修(3)

社長が研修講師

新人研修の中日は、先発組と、後発組が、一緒になって、同時に社長

からの、新人研修を受講する、スケジュールになっています。

研修を受ける新人とは違って、岡本一幸君の家族が、研修を応援する

ためにやってきました。

前日に、魚のあらを入れた、カニかごを海に投げ込んでいました。

籠を引き揚げることで、何か獲物が入っていればいいのですが、

Kちゃんと一緒に引き揚げてみると、河豚が入っていました。

初めて見る、生きているフグを、Kちゃんは触って大喜びです。

 

 

Kちゃんは、松葉博雄によく懐いて、松葉博雄の奥さんが相手になっ

ていると、松葉博雄に代わってちょうだいと、手を使って、指示が出ました。

Kちゃんのお相手の、担当者を交替して、松葉博雄がレジスターを

使って、遊び相手になると、ますます大喜びです。

先発組は、ここで終了です。全員で集合写真を撮って、先発組は、一足先に、神戸に帰ります。

後発組は、この後、2時間の研修を終えて、その後、魚料理かつみに、夕食に行きます。

松葉博雄と奥さんは、バーベキューの焼き肉を頂いて、お腹いっぱい

なので、社員の皆さんだけで行ってもらいました。

ここからの写真は、松葉博雄は参加していません。

社員の皆さんが、かつみでいただいたお料理です。

河豚のてっさと、唐揚げを頂いたようです。

これなら、付いていけばよかったと思っても、きっと満腹感で、お腹

には入らなかったと思います。

社長さんがいなかったら、淋しかったのか、それとも、大賑わいだっ

たのか、写真では分かりません。

 

夜は、懇談会です。特に、一つのテーマに限らず、今回の研修は、ど

んな感じだったか、感想を聞きます。

感想は、言葉だけでなく、レポートにして提出することになります。

かなり、パワーポイントを使って、喋ったので、その歩留まりの効果

が上がればと、期待しています。

今回の研修は、理論研修から、実際に我が社がこれまで実施してい

る、経営の仕組みについて、分かりやすくお話をしました。

淡路島研修 その2に戻る

2015年5月14日(木)