24時間営業のコンビニに、個人商店はどのように対抗すればよいのか、モンマートひろたの事例を見てきました。

ワンコイン(100円)で買えて、楽しめる、子ども相手の駄菓子屋さんは、昔も今も、地域に必要な存在です。 淡路(2)

「かつみ」で夕食を食べた後、歩いて国道28号線を、トラックの走り去る音を聞きながら、帰宅していると、行く手に「モンマート ひろた」の、お店の看板が見えました。

以前は、広田商店の名前でした。

以前には、広田商店は、地域のプロパンガスの取り扱い店でした。

その関係で、広田商店とは、長いお付き合いです。

淡路フェリーボートが、須磨から大磯まで、24時間営業していたときは、大磯周辺のお店は、どこも潤っていました。

明石海峡大橋が開通して、フェリーボートが廃止されました。

こうなると、フェリーボートに頼っていた、周辺の企業は、事業の見直しが始まりました。

企業なら対応出来ても、地元商店街は、なかなか敏速には対応しづらく、お店を閉めてしまう所が大多数でした。

そんな中で、広田商店は、モンマートひろたに名前を変え、地元の住民に、顧客ターゲットを移し、

レンタルビデオ、コピーサービス、書店機能としての雑誌販売などに、手を広げています。

その中で、注目するのは、小学生、中学生を対象とした、いわゆる駄菓子販売を、していることです。

学校帰りの子ども達は、100円で買える、駄菓子を、品数を広げて、子ども達が喜ぶように、企画しています。

この、駄菓子屋さんの存在は、松葉博雄の子どもの時にもありました。

少額で楽しめ、友達と一緒に遊べて、くじ引きなどもあって、当たれば、トクした気持ちになりました。

今、全国で、共通の悩みは、大型チェーン店に対する、個人商店の対応です。

どうすれば、チェーン店に飲み込まれないで済むか?存続を賭けた戦いです。

モンマートひろたで、店内を懐かしく見回して、一巡して、お店を出ると、夜遅くまで開いているコンビニ店に対抗して、モンマートひろたも、電気をつけて、一人でレジを守っている姿に、応援したくなりました。

 

2015年5月6日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です