淡路市道の駅東浦ターミナルパークの「Bicycle Hub Awaji」には、行列が出来ています社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ

お父さん、鯛のあら炊きの味付けを教えて、と、娘から頼まれて、鯛のアラ炊きの実習です。 淡路5 社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ

楽しい時はすぐに過ぎ去っていきます。苦しいことは、なかなか去っていかず、時間の経過が、長く感じます。

U君達は、今日、お家に戻る日です。U君は、もっともっと、みんなと一緒に遊びたいと思っています。

今回は、リッキー君が居なかったので、とっても残念がって、自分が持っている画用紙を、リッキー君の為に、プレゼントとして置いて残してくれました。

これには感心しました。5歳の子供でも、自分だけ所有するのではなく、大好きなリッキー君に分けてあげるという、広い心に感心しました。

松葉博雄の奧さんは、民宿のように、たくさんの食事を作るのに、大変な様子です。

昨日、広東料理 海華の料理長、呉勇さんから、鯛のお刺身を取った残りのアラを、頂いて帰ってきました。

次女から、「お父さんから、鯛のあら炊きの味付けを伝授して欲しい」と言われ、娘の前で、これから、鯛のあら炊きを作ります。

フローラルアイランドに行って、新鮮野菜の食材を選びます。

お弁当屋さんが来て、目立つ場所に、商品のお弁当を広げていると、つい、自社のお弁当を広げるために、隣にある別の会社のお弁当を、別の場所に移したので、早速クレームになり、ちょっとしたいざこざが起きました。

やはり誰もが、良い場所に、広い場所に、目立つ場所に、自社の商品を並べたいのです。

次女が言うことには、「ママに、これ買おうかな、あれ買おうかなと言うと、ママが勧める、違う食材になってしまった」と、笑っています。

前回、152回沖縄訪問の時に合わせて、沖縄の朝日会の皆さんに、玉ねぎを送って頂いたお店に、沖縄のお土産を買ってきたので、届けに行きました。

松葉博雄の次女は、タコの燻製が好きなので、たこ姿焼はどうかと勧めてみると、遠慮していました。もう、昔の子供の頃ではないんだなあと思いました。

たこの姿焼は、タコを一匹、そのまま強い圧力で押しつけて、熱で焼いて、姿焼を作ります。焼き上がると、食べやすいように、はさみを使って、一口サイズに切り分けてくれます。

5月のゴールデンウィークなので、お天気が良ければ、淡路島には、たくさんの観光客がやってきます。

道の駅で目立つのは、貸し自転車のお店がある場所です。大変多くの行列が出来ています。

お店の名前は、「Bicycle Hub Awaji」です。

実際に、国道28号線をドライブしていると、お天気の良い日には、スポーツサイクリングの一行が、進行方向に向かって、左側を走っています。運転席から見ると、とても危なく感じます。

ヨーロッパのように、サイクルロードがあれば良いのですが、自転車は、歩道を走ると、歩いている人との危険性、道路を走ると、車との危険性、このどちらにも危険性があり、サイクルロードの環境整備が不十分で、お気の毒なものです。

2015年5月2日(土)