社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「リーダーシップの源泉」(2015年4月)

社長メッセージ(2015年4月)には、リーダーシップの源泉について書きました。

リーダーシップといえば、三国志の曹操と劉備玄徳の、「青梅 酒を煮て 英雄を論ず」の故事が有名です。

曹操が劉備玄徳を挑発して、いずれが英雄かを議論したとき、挑発に乗らずに、劉備玄徳はにわかに起きた雷を、怖がる態度を見せて、曹操の挑発をかわしました。曹操の行動力と、懲罰に対して、劉備玄徳には、人間性を感じます。二人の特性を合わせると、より強いリーダーシップが見えてきます。

英雄といえる、リーダーシップの源泉を考えてみると、このようなコメントになりました。

給料袋に添えて3

リーダーシップの源泉

部下が、リーダーと認めてくれるには、3の力が求められます。

1.適切な判断力と行動力の力です。

2.人間としての魅力を持つ力です。

3.指示、命令に従った部下には褒賞を、従わなかった部下には、懲罰を与える力です。

1.2はリーダーが持ち合わせた力ですが、3.は組織が与える力です。

このように考えると、人と組織が融合して、リーダーシップが形成されていくことが分かります。

2015(平成27)年4月25日 社長 松葉博雄



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です