北中城の中村家住宅は、国指定の重要文化財です。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

北中城の中村住宅、浜比嘉島の吉本家住宅、いずれも、サトウキビから砂糖を搾った機械が残っています。 第152回沖縄訪問(4)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

北中城村の中村家は、今から約500年ほど前のお屋敷跡です。今の建物は、18世紀中頃に建てられたと伝えられています。

武家屋敷かなと思っていたら、この地域の豪農だったようです。何で財をなして、このような豪邸を建てたのか、中に入って調べてみます。

屋敷の前には池があり、池には鯉が飼われていて、人が近づくと、条件反射のように、口を開けて餌を待ち受けています。

この池は、付近に絶えることのない水が湧いていて、その水がここに引かれているようです。従って、ため池ではなくて、流れを止めて池にしたので、水は常に入れ替わっています。

池の周りには、沖縄海洋博公園の熱帯ドリームセンターで見た、ベンガルヤハズカズラの花が、一面に咲いていました。

中村家を見学する入場券は500円です。ここでは、昔の農家の家を復興したということですが、ただの農家ではなくて、相当なお金持ちの家だということが分かります。

何故分かるかといえば、砂糖を搾る道具が残されているからです。

サトウキビを搾る機械が有ることは、資産家の証しです。以前に、浜比嘉島で、吉本家の屋敷を訪問したときに、吉本家でも、サトウキビを搾る機械が残っていました。

中村家住宅は、戦前の沖縄の住居建築の特色をすべて備えている建物です。

沖縄本島内で、このように屋敷構えがそっくり残っている例は極めて珍しく、当時の上層農家の生活を知る上にも貴重な遺構であるという事で、昭和31年に琉球政府から、昭和47年に日本政府によって国の重要文化財に指定されたそうです。

この高倉は、沖縄在来の形式である丸柱でもなく、住居と同じ角柱を用い、壁と床とも板張りであるのが特徴となっています。

この中村家が、どのくらいの高いレベルのお屋敷であったかは、一般庶民の、農家の住まいと比べてみないと、違いが分かりませんが、江戸時代の庶民や農家は、今で言うバラック小屋のようなもので、瓦を乗せた家は、作る事も許されていない時代です。

お部屋は全部琉球畳が敷かれていました。琉球畳みの特徴は、和畳みより編み目が太く、素足で歩くと、足に当たる肌触りが心地よいのです。

各部屋は、明け放れていますが、当然、昔はふすまで閉められて、一つ一つの部屋は、6畳から8畳ほどの小さな部屋です。

沖縄では、人が集まることが多く、人が集まれば、酒席となるので、ふすまを取り払えば、大広間になります。

中村家の柱の材質は、当時農民には使用を許されていなかった、チャーギ(イヌマキ)、イーク(モッコク)が使われて居ます。

屋根は本瓦葺きで、屋根の上には魔除けのシーサー(獅子)を置いています。

生活の匂いのない、生活物資のない、そぎ落とされた空間です。そうなると、屋敷内はとても広く見えます。

沖縄式の仏壇が祀られています。もちろん、中村家を祀る、本物の仏壇ではありません。

母屋は、一番座(客間)、二番座(仏間)、三番座(居間)となっています。そのほかに、寝室、板の間などがあります。

2015年4月11日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です