社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「創業は易く 守成は難し」(2015年3月)

給料袋に添えて3

創業は易く 守成は難し

唐の太宗は側近に「帝王の業は創業と守成は、どちらが難しいか」と尋ねました。

側近達は、「創業が難しい」「守成が難しい」と、二つの意見になりました。

これに対して太宗は、「創業の難事は過去のこと、今は守成の難事にあたろう」と答えたそうです。

企業においても、創業よりも、企業の存続の方が、将来に続く課題なので、難事であると思います。

企業の守成を許すのは顧客です。

顧客満足とイノベーションにより、私達の職場と組織を守っていきましょう。

2015(平成27)年3月25日 社長 松葉博雄



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です