琉球泡盛は、タイ米から作られます。お米を削る事なく、全て使います。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

豆腐ようは、鍾乳洞(ガマ)に半年以上寝かせて、発酵させた豆腐の加工食品です。 第151回沖縄訪問(9)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

琉球泡盛松藤の清酒工場に入ります。工場の中は、電気が消灯されていて、暗い場所です。琉球泡盛は、清酒と同じように、お米から作られます。

使うお米は、全て輸入米のタイ米です。使うお水は、アメリカ軍が使っている、基地の中から湧き出る、自然水を使っています。

世界で飲まれているお酒は、造り方によって大きく3つに分けられます。

「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3つに分けられ、泡盛は「蒸留酒」の部類に入ります。

またその中でも細かく分けると、泡盛は焼酎の「焼酎乙類」の部類に入ります。

清酒と同じように、美味しいお酒の条件は、お米と水です。それにあと、麹が必要です。清酒と違って、泡盛は、お米を削りません。全て使います。

泡盛が出来るまでの行程は、

①洗米・浸漬から始まります。もちろん、機械で洗います。

②蒸米は、熱い蒸気を洗ったお米の上にかけて、均等にお米を蒸します。

③製麹(せいきく) この後、麹を混ぜていきます。

④仕込み及び発酵は、時間をかけて、発酵するのを待ちます。

⑤蒸留は、不純物を取り除き、綺麗な泡盛を造ります。

⑥貯蔵は、出来た泡盛をタンクの中で寝かせておくことです。

⑦製品化出来るのが最後の行程です。

崎山オト酒店で、琉球泡盛松藤を沢山買って、ここから神戸に発送してもらいました。

次の訪問地は、豆腐ようを買うための鍾乳洞の古酒蔵に行きます。お店の名前は『龍の蔵』です。

豆腐ようは、沖縄にある鍾乳洞に、約半年以上寝かせて、熟成させて造ります。とても手間と、時間のかかる、豆腐の加工食品です。

お酒のみには、豆腐ようの味はたまりません。お酒を呑まない人にも、たまりません。とても美味しい珍味です。

半年以上かかる豆腐ようを、龍の蔵では、すぐに販売してくれます。

写真は、鍾乳洞(ガマ)の中で熟成する為に並べられている、泡盛と、豆腐ようです。

沖縄では、子供が生まれると、誕生日をラベルにして貼り、20年ほどガマで寝かせて、その子が二十歳の成人式のお祝いの時に、ガマから取り出し、20年ものの古酒として、泡盛を頂く習慣もあります。

20年も、泡盛を鍾乳洞で寝かせていると、預けたことを忘れてしまうこともあります。20年ものの古酒は、まだ飲んだことがありませんが、とってもまろやかな柔らかい味だそうです。

 

2015年3月1日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です