伊計島ビーチで野菜炒め定食をいただきました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

伊計島総合開発株式会社の運営する、伊計ビーチでは、マリンスポーツのメニューが揃っています。一般遊泳の人には、極めて危険性の高い、マリンジェットもあります。 第150回沖縄訪問(13)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

伊計島の伊計ビーチに来ています。ビーチで遊ぶために来ているのではありません。

伊計ビーチの食堂で、松葉博雄と奥さん、片山正喜さんの3人は、かなり遅れた昼ご飯を求めています。

注文を出した後、料理が出来るまで、食堂のドアを開けて、伊計ビーチに出てみます。

太陽の強さを感じます。須磨の海岸なら、4月下旬頃の感じです。

マリンスポーツ料金表がありました。国民の財産である海岸を使って、マリンスポーツの施設を作ることは、皆さんが喜ぶことですが、反作用もあります。

それは、泳いでいる、海の中での弱者に対して、レジャーボートはかなりの強者で、弱者と強者が、同じ施設内で、一緒に、安全に、安心して遊ぶことは、極めて難しいことです。

向こうに見えるのは、金武の火力発電所です。

海岸には休憩施設もあり、ここで、夏なら、楽しく遊べます。

誰かが、この浜辺を清掃して、危険を取り払い、維持管理するためには、多少の代償を要求するのも、分かります。

実際は、公共施設なので、地方公共団体が負担できたらいいのですが、今の財政難では、民間委託も選択肢です。民間委託すれば、利用者から、料金をいただくという理屈でしょうか?

浜辺から海に続く桟橋がありました。桟橋を歩いてみます。

桟橋から見える伊計ビーチの海岸は、とても綺麗な澄んだ水です。

以前泳いだとき、ここの伊計ビーチは、少し沖に出ると、すぐに水深が深くなることを確認しました。

そのため、浮き輪や、ライフジャケットを着けないで、沖に出るのは危険です。

海に入って遊んで居ると、陸から見る海と違って、海の中では、方向感覚が全く分かりません。

そのため、どちらが危険な方向なのか、どちらが安全な方向なのか、分からないのです。

振り返って、桟橋の方から、浜辺の方を撮ってみると、人影は見あたりません。

静かな、美しい海岸です。

これだけ広い海岸でも、夏の海水浴シーズンになれば、ビーチにはパラソルが並び、場所取りの競争もあるのです。

良い場所とは、出来るだけ海に近く、それでも潮が満ちてきても、浸からない場所です。

そろそろ、海岸から食堂に戻ってみます。食堂には、先ほど松葉博雄が注文した、野菜炒め定食が、出来ていました。

沖縄の定食は、安くて、ボリュームが多いことが特長です。

食堂から、出口に向かうとき、出口の壁にあったのは、橋下徹大阪市長と、松井一郎大阪府知事の、ご一行の写真が、掲示されていました。

橋下徹さんなら、海岸線を囲って、入れなくして、お金を取るとは、どういうことかと、問題提起しそうですが、どうだったのでしょうか?

伊計島を回ると、ところどころ、沖縄でも市街地では見られない、昔風の大きなお墓が、目に付きます。

伊計島も、どんどん開発されています。

開発は人の立場からですが、自然の立場から見ると、どんどん自然が壊されています。

2015年1月24日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です