うるま市与那城宮城に、ぬちまーす観光製塩ファクトリー(製塩工場)が見えました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

龍神風道(リュウジンフウドウ)とは、ぬちうなー敷地内で最初に発見され、最もエネルギーの通りがよいパワースポットです。  第150回沖縄訪問(10)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

うるま市与那城宮城に、ぬちまーすの工場があります。ぬちまーすとは、沖縄の美しい海水100%(宮城島)から世界初の常温瞬間空中製塩法から生まれた、海洋成分の種類が豊富な海洋成分海塩です。

遠くから、ぬちまーすの工場となる建物を見ると、まるでホテルです。

車をぬちまーすの工場に停めて、付近を散策してみます。工場見学から始まるのが普通ですが、景色を先に見るために、高い所に上がっていきます。

途中で、ハブの注意書きが書かれた看板を見つけました。

「ハブにご注意下さい。

散策路から外れて、茂み内に入ったり、岩の隙間に手を入れたりしないよう、お願いします。

※ハブは臆病で、ハブから人間に向かってくることはありません」

しかし、1月のこの時期は、ハブは冬眠中で、まず心配はありません。

もとは、人の入れない、断崖だった所を切り開いて、道を付けています。今も少し、名残があります。

松葉博雄は、こちらに行けば、きっと海が見えると思って、小高い丘を上って行きます。後に続くと思っていた奧さんが、ついてきていません。どうしたのでしょうか。

小高い、展望台のような所に上りつめると、とても綺麗な景色が広がっていました。

目の下は、ロープを使ってでないと、降りられないような絶壁で、その下は、迫りながらも綺麗な砂浜が見えます。

片山正喜さんと、ここに行きたいねと、相談してみましたが、上から降りるのは難しいのです。

ここなら、きっと、珊瑚礁が残っていて、その珊瑚の周りには、たくさんのまばゆいばかりの熱帯魚が、泳いでいるように、目に浮かんできます。

ここの浜辺に行くには、船を使って、回り込んで来る方法しかないようです。だからこそ、人の手垢のついていない、自然のビーチが残っているように思います。

向こうに見える小さな岬のようなところは、昔の石切場の跡のようで、石を切り出した形跡が残っています。

片山正喜さんがいうことには、「松葉さん、あの石切場の跡を買ったらどうですか?あそこなら、素晴らしい別荘が建つよ。」と、励ましてくれても、絶対奧さんは許さないと思います。

先日、テレビの報道で見た、米国海軍の貨物船座礁事故は、ここから見えるはずです。

橋で繋がっている小島が浜比嘉島で、それよりも左にあるのは、津堅島です。

津堅島の沖合に座礁した、アメリカ海軍の大型貨物船『SGT MATEJ KOCAK』(全長250m、4万9千トン)が、かすかに見えています。

とにかく、素晴らしい絶景です。こんな所で、お弁当を食べたり、こんな所でビールを飲んだり、こんな所で音楽を聴きたいものです。

これまで、島を通り抜けていただけでしたが、道がついたので、ここまで来る事が出来ました。

遙か向こうに見えるのは、伊計島と、伊計島ホテルです。

展望台から戻り、ぬちまーす観光製塩ファクトリーの見学に戻ります。

見学ポイント②は、表示が出ています。空中結晶化工程 常温瞬間空中結晶製塩法です。

海水を霧状に噴霧し、温風を当てることでミネラル成分を全て瞬間結晶化します。

全てのミネラルが瞬間結晶化したお塩は、フワフワの雪のようです。

さらにじっくりと乾燥させ、サラサラまろやかな「ぬちまーす」ができます。

期待していた、塩が出来る瞬間は、扉が閉じていて、中を見ることはできませんでした。

片山正喜さんは、大きな声で呼んでます。何かと思って近づいてみると、

ぬちうなー敷地内の、心地良いスポットの案内でした。

龍神風道(リュウジンフウドウ)

2009年5月、ぬちうなー安全祈願のお祓いを御願いした際、神主さんから「近くにとても強いエネルギーを感じます」と教えて頂きました。ぬちうなー敷地内で最初に発見され、最もエネルギーの通りがよいパワースポットです。

沖縄では海の神様は龍宮神です。その龍宮神のエネルギーが、龍神風道を入り口として、末広がりにぬちうなー敷地内に入ってきます。

ここから木々の合間を通してやや右方向には、宮城島のお隣で神様(シルミキヨ、アマミキヨ)に縁のある浜比嘉島、その先に沖縄の聖なる島と言われる久高島が一直線上に並びます。

特に心と体の健康、元気になりたい方、病後の方、新しい何かに挑戦される方、人生をパワーアップしたい方に最適なスポットです。

この心地良い風を感じ、エネルギーのお福分けをいただいて下さい。

と記載されていました。

果報(かふう)バンタと書いている看板を見つけました。説明の看板を見てみると、果報バンタとは、2011年3月30日、長野県の伊那食品工業株式会社の取締役会長 塚越寛さんが命名したそうです。

「幸せ岬」という意味の沖縄言葉である「果報(かふぅ)バンタ」だそうです。

藍色、コバルトブルー、エメラルドグリーンと繋がる青のグラデーションも美しい壮大な海を見ていると、身も心も浄化され、幸せな気持ちになります。

眼下の「ぬちの浜」では、満月の夜にウミガメが産卵に訪れるそうです。

2015年1月24日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です