ステーキハウス(鉄板焼)四季で、ステーキを頂きました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

幸和ガーデンで苗木を探しました。 第150回沖縄訪問(8)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

沖縄アウトレットモールあしびなーで、買い物をした後は、松葉博雄が好きそうな、植木屋さんに行ってみましょうと、片山正喜さんが案内してくれたところは、幸和ガーデンです。

花の店、幸和ガーデンへ来ました。片山正喜さんが、近道をしようと思って、普段通る道を変えた時に、偶然見つけた植木屋さんです。

幸和農園で生産・栽培された草花やハーブ、観葉植物や多肉植物等を、幸和ガーデンで展示・販売しています。

なかなか広い展示場で、これなら、なにか、沖縄の亜熱帯植物を見つけられると、期待して入ってみました。

2月1日(日)~15日(日)まで、幸和ガーデンと、北中幸和ガーデンで「花まつり」を同時開催するようです。

水分をたっぷり含んだハリのある葉が特徴の、多肉植物もあるようです。

植物もさることながら、実は、こんな屋根付きの庭が欲しいなあと思います。屋根があれば、雨が降っても、野外で植物の世話が出来ます。

しかし実際は、腰痛のため、そんなに期待するほど、園芸が出来るわけではありません。少し、植木鉢をいじっても、苗を植え替えても、腰が痛くなるのです。

あれ?こんなところに、温室の中に、リスが放し飼いにされています。お店の方にお尋ねすると、元々は、3匹のリスをこの温室の中で放し飼いにしていたのですが、他の2匹は、どこかに行ってしまって、残ったのが、この子だそうです。

幸和ガーデンは、付近にも、ビニールハウスがありました。こちらにも回ってみましたが、鍵が掛かっていて、ビニールハウスには入ることはできません。

鍵が掛かっていない、庭の植木用のガーデンがあったので、こちらに入ってみました。

植えているのは、松が中心で、枝振りを整えるように、松の枝に、針金を使って縛り、方向性を整えて、庭の植木として選ばれるように、枝振りを調整中です。

次のお店は、夕食のための、鉄板焼 ステーキ専門店 四季 泡瀬天店です。

松葉博雄が沖縄に来ると、ステーキを食べたがるので、片山正喜さんが探してくれた、沖縄でも早くから始めた、ステーキの店四季です。

パンフレットによれば、昭和47年(1972年)本土復帰の前に、ステーキハウス四季は創業しています。

アメリカのステーキハウスの先駆け、ロッキー青木の紅花スタイルの、客席の前でパフォーマンスをしながら、ステーキを焼くスタイルです。

夕方5時までに入店すると、お値段が少し安くなると言う案内を聞いて、松葉博雄と奧さんと片山正喜さんは、手を取るようにして、よかったねと、喜んでいます。

周りにはまだ、誰も居ません。これから夜にかけて、四季は混んでいます。

さて、注文するのはステーキのサイズです。当然大きくなれば高くなります。しかし、高い安いより、いくらのサイズなら食べられるかが問題です。

ここで、片山正喜さんと、松葉博雄の奧さんと、松葉博雄には、注文に差が付きました。一番大きなサイズ250gは、松葉博雄です。次の200gは、片山正喜さんです。そして奧さんは、150gです。

ステーキが焼ける前に頂くのは、オリオンビールの生ジョッキです。

お店の方が気を利かせて、3人揃った写真を写してくれました。これが、ステーキを食べる前の3人ですが、見てみると、一番やる気があるのは、真ん中の松葉博雄のように思えます。

最初に出てくるのは、金松と同じように、ポタージュスープです。

次はサラダです。

問題の、肉の大きさですが、以前に疑問に感じたことがあります。それは、250gと言っても、切ったお肉が、ぴったり250gに切れるのか、という疑問です。

鉄板の前に立ったのは、NHKアナウンサーの、松平定知さんにちょっと似たようなシェフです。

この方に、お肉の重さについて質問してみると、実は、重さが足りない場合は、足りない部分の重さのお肉を付け足ししているそうです。

ステーキハウス四季では、目の前でステーキを焼くときに、サイコロ状に、食べやすく切るので、追加のお肉が入っていても、切ってしまえば、サイズは変わらなくなり、追加のお肉は目立たないそうです。

焼き方は、3人ともミディアムレアだったので、全て一緒に焼いて、3枚のお肉を、まぜこぜにしてカットした後、松平アナに似たシェフさんが、目分量で、250g、200g、150gとお皿に取り分けてくれました。

このお肉は、オーストラリア産だそうです。脂身は少なく、和牛のような柔らかさはありません。

和牛のステーキなら、1万円するほどのステーキになりますが、沖縄でオーストラリア産となれば、3000円か、4000円で頂く事が出来ます。

松平アナに似たシェフの方は、3人の目の前で、木製のこしょうと塩の瓶を、スティックのように持って、振り回すパフォーマンスをしてくれたのですが、緊張したのか、2回も落としてしまいました。

ちょっと、バツが悪そうで、見ていてなんとなくお気の毒になってしまいました。この光景で思い出すのは、ハワイでサントリーが経営する、ステーキハウス「燦鳥」でみた光景です。

満腹感で幸せいっぱいと感じているのは、松葉博雄で、奧さんの方は、なんだか脂っこくて、胸が詰まったみたいです。

次に寄るのは、メイクマン 具志川店です。ここで、バナナの苗木がないか、寄ってみました。

残念ながら、バナナの苗木はありませんでした。沖縄では1月に、もう、トマトや茄子、きゅうりなどの家庭菜園の定番の苗が、売られていました。

神戸より、ふた月程早いように思います。

2015年1月23日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です