美浜(ミハマ)アメリカンビレッジの、ミハマキッズパーク(MIHAMA KIDS PARK)で休憩です。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ

沖縄では、お正月の年始は、仏壇のある長男の家に一族が集まり、お正月を祝います。 第149回沖縄訪問(15)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ

ステーキハウス金松で、色々どうしてここがいいのか、批評されながらも、皆さんで、新年早々のステーキをいただいた後は、片山正喜さんの案内で、リッキー君が喜びそうなところに移動です。

ここは、美浜(ミハマ) アメリカンビレッジ(Mihama American Village)、アメリカ村です。若い人達が喜びそうな、アメリカの文化が集まっています。

計画的に、細い路地を作って、店と店が密集した街を作っています。

ぞろぞろと、みんなが進む後について、松葉博雄も進んでいます。

周りは、色々な商品があって、ひょっとすると、普段買えないものが買えそうな気持ちになってきました。

それは、帽子屋を見つけたときです。帽子屋では、これまで、なかなか奥さんが褒めてくれるような、認めてくれるような、帽子は見つけられません。

しかしここでは、革製のハンチング帽子を見つけました。誰からの反対もないので、購入です。

これから行くところは、リッキー君の遊ぶ場所です。

時間制の遊戯施設があって、大人は子どもが遊ぶ間に、軽食や、ドリンクで、おしゃべりをするとか、本を読んで、時間を過ごしています。

片山正喜さんが、案内してくれた、リッキー君の遊ぶ場所は、暑くても、雨の日でも、笑顔で遊べるワクワク空間 ミハマキッズパークです。

あったらいいなぁと思えるような遊戯施設です。靴を脱いで、ジャングルに入っていきます。

迷路になっていても、外からは透けて見えて、うちの子がどこにいるのか、目で追いかけることが出来ます。

ジャングルに入った子ども達は、中で走る事も、中で止まって遊ぶこともできます。

この辺りは、アメリカ軍のキャンプ地があるので、アメリカ人の子ども達も、沢山来ています。

リッキー君は、中に入ると、もう親の監視は要りません。自分で進行方向を見つけて、ジャングルの中を模索しながら、進むべき方向を探しながら、進んでいます。

2時間で900円位です。子どもから900円いただくより、待っている親から、飲食費の数千円を頂く方が、収益を押し上げています。

これは、子ども向け映画に親がついてきて、親の入場料で、売り上げを向上させるやり方と似ています。

今日の年始は金城正浩さんのお家です。その途中、かねひでに寄って、買い物をして、その後、前兼久の金城正浩さんのお家に、年始に向かいました。

沖縄の習慣は、仏壇のあるお家に、一族の皆さんが集まるのが普通です。

そこで、仏壇があるお家は、来客が絶えないので、仏壇のあるお家にお嫁に行くと、行事があるたびに、一族が集まって、その接待に大変だと言われています。

クレアさんに、金城正浩さんのお家で、一緒になりました。

しばらくぶりですが、クレアさんは、部活に、バレーボールをしているので、身長はどんどん伸びて、小学校5年生ですが、155センチだそうです。

正視だった視力は、段々、見えにくくなって、今では眼鏡をかけて、バレーボールをするそうです。

中学校に入れば、コンタクトレンズにするそうですが、小学校の間は、メガネで過ごすそうです。

ハウラ君は、金城正浩さんのお家でも、スターです。

金城正浩さんは幼児が好きで、幼児も金城正浩さんに抱かれても、泣く子はいません。

沖縄の文化は、男系社会で、男の子が大事にされます。男の子が生まれると、特に長男が生まれると、一族が、こぞってお祝いをしています。

金城正浩さんのお家では、仏壇を守っているので、松葉博雄の顔見知りの人が、年始に、仏壇にご挨拶に、入れ替わり訪ねて来ています。

沖縄は男系社会なので、時間が経つと、お酒の席も、御料理の席も、自然に男の席と女の席に分かれていき、松葉博雄の奥さんも、いつの間にか、台所の方の女の席に移動していました。

ご近所の山城景孝さんと、山城道子さん夫妻も、一緒です。

家が近いと、幼い頃から遊んでいると、いくつになっても親交が続いています。

ハウラ君を順番に回しながら、抱っこしています。

待望の男の子が出来ると、こんなに歓迎されるのかと、沖縄の男系社会を、再認識しました。

松葉博雄も、ハウラ君を抱っこします。

まだ1歳にならない幼児ですが、ハウラ君は、紋付き羽織に、袴を着用しています。ちゃんと正装して、皆さんに臨んでいます。

ハウラ君は、お爺さん達に、次々に抱っこされても、一向に嫌がらず、人見知りせず、泣きません。

山城景孝さんと、奥さんの道子さんとの馴れ初めや、前兼久にお嫁に来た時の、寂しかった思い出は、以前の新年会の席で、お聞きしたことがあります。

今年の金城正浩家での宴席では、松葉博雄は例年よりも酒量が少なくなっています。

やはり、沢山飲めば肝臓の負担も重くなり、負担解消のための体力低下が気になるのでしょうか。

ホテルに戻り、全国ニュースを見ていると、内地では記録的な大雪なようで、京都でも20センチ以上の積雪があったと報道していました。

沖縄に来て良かった、沖縄は寒いと言っても16度で、内地に比べると春のようです。

2015年1月1日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です