ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは、明日のお正月を控え、お正月を迎える準備がすっかり出来ています。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ

大晦日の、2014年12月31日には、天の神様が、前兼久の神様が、うんっとサービスしてくれたのか、沈んでいく夕日が、はっきりと見えました。  第149回沖縄訪問(11)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの、ホテルの中にはいります。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは、明日のお正月を控え、お正月を迎える準備がすっかり出来ています。

ホテルの中央に、大きな空間があり、その上の方には、きっと、今夜のカウントダウンのときに、頭上から沢山の風船が、降り注ぐような演出の準備が出来ています。

ロビーから見えるのは、ここでもプールと、その先の東シナ海です。

ブセナテラスホテルで、昼食を済ませているので、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは、レストランに入る気にはなりません。

お正月の準備は、どのようになっているのか、ホテルの中を、散策してみます。

この、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートでは、プールに人が入っていました。若い女性が、泳いでいるのに驚きました。

海に向かって、歩いています。かなり広い敷地です。

向こうの方には、五角形の入浴施設がありました。

この入浴施設は、水着を着たまま入ります。プールから上がって、身体を温めるための、入浴施設のようです。

ホテルの本館から、少し離れて見る方が、ホテル全体の外形が、よく分かります。

ここにも、いわゆる、プライベートビーチがありました。本来、海岸は国民の物で、個人が、囲い込みをしてはいけないことになっています。

ホテルに戻って、ここでも記念写真です。いかにも、このホテルの宿泊客のような振る舞いです。

次はおんなの駅です。

おんなの駅には、たくさんの観光客が来ています。相当有名になっています。

松葉博雄が、20年ぐらい前に、おんなの駅に来た頃は、観光客は僅かでした。

おんなの駅では、恩納村で生まれた商品だけを集めて、売っているようです。

おんなの駅では、委託販売をしています。農家の方が、生産した農産物を出品して、売れたら、手数料を引いて、現金を受け取ることができます。

売れなければ、引き取らなければなりません。

それにしても、大賑わいで、どこのお店も列が出来ています。

買いたい物もないので、お店を見て回るだけです。

テーブル席に座って、アイスクリームのような冷たい物を、皆さん頂いていますが、松葉博雄は、お腹が冷えてはいけないので、見ているだけです。

テーブルの下に、山鳩がおこぼれ頂戴とばかりに、すり寄ってきています。

次は朝日会です。朝日会には誰も居ませんでした。もし、明日餅つき大会をするのであれば、大晦日は、その準備で大変なのです。

ホテルに戻って、いよいよ今年最後の夕日を、ゆっくり鑑賞します。

これだけ、完璧な夕日を見る事は、滅多にありません。

2014年12月31日には、天の神様が、前兼久の神様が、うんっとサービスしてくれたのか、沈んでいく夕日が、はっきりと見えました。

沈んでいく太陽の位置は、かなり手前方向になっています。夏なら、もっと、海の方向に進んでいきます。

冷蔵庫から、オリオンビールを取り出し、ビールを飲みながら、この感動的な夕日を見ています。

この太陽が、明日東の空から昇ってくるときには、日付は変わって、年号が変わって、2015年1月1日の、元旦を迎えることになります。なんだか、この一年を振り返ってみないといけない気持ちになります。

2014年12月31日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です