アメリカのペンシルベニア大学の、モネル化学感覚研究所で、味覚の記憶について研究しているようです。2歳の時に食べた味は、大人になっても好きな味の食べ物となる、と言われています。

食べ物の好き嫌いの仮説です。幼い時に食べたものは、大人になっても、好きな食べ物になっています。家族で丸萬

幼い頃食べた味が、大人になっても、好きな料理になってきます。

何で、こんな物が好きなのか?と、食べたことがない人が、不思議に思っても、幼い頃慣れていたら、何の抵抗もなく食べられるのです。

たとえば、日本人は蛸が好きですが、世界的には、タコを食べる国は、わずかです。

昔、スリランカに行ったとき、日本食が食べたくなったら、これを、と、持参したのが、梅干しです。

この、梅干しを、現地のガイドさんに、日本人ならみんな食べている、と言って、食べてもらいました。

その時の、ガイドさんの顔は、梅干しのすっぱさに、思わず目を細めていました。

U君とMちゃんは、和食が好きみたいです。和食の他に、丸萬の、ラーメンが好きです。

丸萬のラーメンは、澄んだスープです。醤油味の、あっさりとした味です。

U君は、ママから、ラーメンの麺を、小さくしてもらって、離乳食で食べていた頃から、丸萬のラーメンファンです。

Mちゃんも、離乳食が始まったばかりで、今覚えた味が、大人になっても食べたくなる料理になります。

まだ、酢豚は食べられません。酢豚が好きなのは、U君のお母さんです。

U君のお母さんが、うんと幼い時、酢豚を食べさせたので、酢豚のファンになっています。

奥の方から、丸萬の厨房から、料理人の皆さんが、こちらを見ています。料理人の皆さんは、松葉博雄のご一行の顔を覚えているので、顔が合うと、コックリ頷いています。

丸萬のラーメンのスープは、とても美味しいので、全部飲み干したいのですが、息子からは、ラーメンのスープは、塩分が下に沈んでいるので、全部飲まないように、と注意を受けています。

年を取ると、ラーメンのスープを、いくら美味しくても、全部飲んではいけません。

年は取りたくないものです。濃厚なスープも、あっさりとしたスープも、全部飲めたらなぁ、と思います。

2014年12月14日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です